電子書籍は紙の本よりスゴかったと気づいた話~品川心療内科マンガ

電子書籍は紙の本よりスゴかったと気づいた話~品川心療内科マンガ

今まで、Kindleとかの電子書籍をバカにしてました。

本なんて、リアルな紙が一番に決まってる!
どれだけ読んだか分かりやすいし!
折り目をつけることもできるし!
手で紙の質感を感じられるし!
指先の運動にもなるし!

このデジタルな現代社会、リアルな紙を触ることにこそ生命の息吹が…!

なんて思っていましたが、大間違いでした。

試しに数冊、PCにKindleのアプリを入れて 読んでみたのですが

これがすごい!

そもそもどんな本であっても、一回読んだだけで完全記憶はできません。
そのため自分の場合
「エッセンスだけ抜き出してメモとして打ち込んで、そのメモをあとから見直す」
という手法を取っています。

ここで電子書籍の場合、モニターの一部に本を写しだして、
残り部分にテキフトファイルを開き、見ながら本のエッセンスを打ち込むことができます。

これがリアルな本の場合、手で本を押さえておかなければならないので、うまく打ち込むことができません。

何とかヒジで机に押しつけたり、音声入力をするという手段もありますが、あまりうまく行きません。

電子書籍の場合、すべてが一画面で済み!
打ち込んだあとは、カーソルを動かして1クリックで次のページに行く!
これが、ものすごく便利なのです。

さらに電子書籍の場合、本と違って、
「自分が今、全体のどれくらいの位置を読んでいる」
のか分かりにくいものです。

しかし逆に、これがかえって良いのです。

分からないからこそ、1ページ1ページ、焦らず読むことができ、最終的に最後までたどりつくことができます。

これが紙の本だと
「うぐっ…! あと半分以上残ってる…!」
と分かりやすく、途中で挫折してしまうこともあります。

何にせよ、電子書籍
色々な意味でオススメです!

(完)

マンガ…LuminousWさん

 

動画もご覧ください!

ゆうメンタルクリニック品川院は、診察を『24時間・365日』受け付けております!
どんなお悩みも、お気軽にご相談ください。


診察を申し込む

こちらのお申し込みはご希望のお時間を確約するものではありません。
混雑具合によってはお時間ずれ込む可能性もありますので、余裕をもってお越しください。

監修・制作

このページは、ゆうメンタルクリニックの医師・スタッフが監修・制作しております。

特別監修・ゆうきゆう
精神科医、心理学者。
東京大学医学部医学科を卒業後、うつ病・統合失調症・てんかん・パニック障害・社交不安障害・不眠症など多くの疾患の治療を行い、2008年よりゆうメンタルクリニックを開院。
『マンガで分かる心療内科』の他、100冊以上の著作があります。

ゆうきゆうプロフィール

運営
取材依頼専用フォーム」よりご連絡ください。
連絡先専用フォーム」よりご連絡ください。