謎解きクイズ「和同開珎」の、たった一つの正解~品川心療内科マンガ

謎解きクイズ「和同開珎」の、たった一つの正解~品川心療内科マンガ

 

あなたは「和同開珎」というものをご存じでしょうか。

 

はい。
日本で最初の貨幣、と言われるものです。

読みは「わどうかいちん」または「わどうかいほう」。
どちらか明確に定まっていませんが、「わどうかいちん」の方がややメジャーなようで、
「わどうかいちん(ほう)」と書かれることも多いものです。

さて、まぁ、これ自体は大した話ではないですが。

自分自身「謎解き」や「脱出ゲーム」というものが大好きです。
そこでは、色々な問題が出るのですが、その中に「和同開珎問題」というものが存在します。

たとえば、こんな感じです。

今適当に作ったのですけども。手書きなので□すらイビツなんですけども。
これで、すべての→が「二字熟語」になる□は何か? という問題です。

分かりますでしょうか。

………

………

正解は「熱」です。
情熱・微熱・熱望・熱帯
になるわけですね。

せっかくなので、もう一問出しましょう。

 

さて、この□に何が入れば、四つとも二字熟語として成立するでしょうか。

………

………。

…………。

 

はい。

正解は「音」です。

母音・子音・音色・音感

になりますね。

母があるからといって「母乳だ! もう乳しかない!」という発想にとりつかれた人は詰むようになっています。

「乳感! 乳が感じることだ!」
「子乳! 子供にも乳は存在するはず!」
「乳色! 乳の色だ! 乳白色という言葉だってあるはずだ!」

とか言い張ってもかなりのムリがあり、正解と判断するのは難しいかもしれません。
何にせよ、変態ほど正解できないという恐ろしい問題です。

さて、とにかくこれらの問題は「和同開珎」と呼ばれます。

この貨幣の形が、いかにもその和同開珎の問題と似ているから、名付けられたわけですね。

ですので謎解きゲームに参加すると、
「さっきの和同開珎、難しかったですね」とか
「その和同開珎、解くのお願いします!」とか言う人もいます。

専門用語を当然のように使うの、やめてほしい。

これもまた、謎解きゲームが、初心者に敷居が高くなっている理由かもしれません。

まぁ、それはそれとして。
自分が今回疑問に思ったのは、

「そもそもこれが和同開珎というのなら、和同開珎そのものにも、『答え』があるのではないか?」

ということです。

そう。問題にするなら、

こういうことです。

で、しばらく考えたのですけども。

これ、恐ろしく難問で。いや、絶対に正解が出ない。
そもそも「和同開珎」の「珎」。
これで始まる熟語ってあるの? と。

しかもこれ「ちん」とか読むのが主流だっていうんですからね。

試しに左だけ並べてみましょう。

ちん□

あ、もうダメだ。
この時点で完成されている。この時点で、もう答えだこれ。
不完全な時点で完成されていて、完成させちゃダメだわと。

しかもここに当てはまるとして想定されるひらがなで、他の二字熟語、絶対に成立しませんもの。

ただ、ここで、これを「わどうかいちん」でなく「わどうかいほう」と読む場合、
この「珎」には、別の漢字が当てられるそうです。

それこそが「宝」。
そう。宝と同じだからこそ「ほう」と読む…というわけです。

であれば、ここを「宝」にして置き換えてみましょう。

 

すると、こうなります。

おお! なんか平和! さっきよりよっぽど問題になってる気がします!

………。

しかし。難問なのには変わりありません。
まず
宝□
で成立する二字熟語。
これ、調べてみると、意外に存在するんですよ。

宝飾  宝石  宝船  宝塚  宝殿  宝刀  宝塔  宝島  宝物

ただ、どれも他のものが成立しません。
誰だー! 誰だこの問題作ったの!(誰も作ってない)

………。

しかし。僕はついに、正解と言い切れるものを見つけたのです!

それこそが「鏡」。

まず「宝鏡(ほうきょう)」。
宝の鏡です。検索したら、一応そういう言葉は成立していました。
そして「和鏡(わきょう)」。
こちらも検索したら、「平安時代より前に、日本(和)で作られた鏡」という意味がちゃんと存在しているそうです。素晴らしい! やった!
しかもこの二つがほぼ同じものを指してるというのも綺麗です。昔の日本で作った鏡なら宝でもあるわ!と。

さらにまだ続けられます!

鏡開。

………。

そう。

「鏡開き」です。お正月のお餅を割るやつです。季節感もある!すごい!
「き」がないじゃん、とか無粋なことを言ってはいけません。鏡開き!もうこれでいい!

そして、最後のが残っています。

鏡同。

………

………。

お分かりになりますか。
鏡の前に立ってみてください。

そう! 同じですね! あなたとまったく同じ人が立っています!

「鏡同じ!」

鏡は同じ! 鏡同じ! もうこれで二字熟語として成立していることにしたい。完成。

というわけで、元祖「和同開珎」問題は、「鏡」が正解ということを最終解答にしたいと思います。

何より自分自身の人生の正解が見つからなくなりつつも、ここまで読んでくださって、本当にありがとうございました。

 

(完)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゆうメンタルクリニック品川院は、診察を『24時間・365日』受け付けております!
どんなお悩みも、お気軽にご相談ください。


診察を申し込む

こちらのお申し込みはご希望のお時間を確約するものではありません。
混雑具合によってはお時間ずれ込む可能性もありますので、余裕をもってお越しください。

>ゆうメンタルクリニック品川院

ゆうメンタルクリニック品川院

(心療内科・精神科)

〒108-0075
東京都港区港南2-3-1 大信秋山ビル 5F
03-5460-8877

「ゆうメンタルクリニック品川院」は、JR 品川駅・港南口を出て徒歩 0分にございます。お気軽にお越しください。

CTR IMG