「眠れていない」はウソ!?~横浜心療内科マンガ

本人は「眠っていない」と思っていても実際は寝ている状態のことを逆説性不眠症といいます。
自分の睡眠について正確に把握することは難しいのです。
また、健康に不安がある人ハードワークの人は死亡率が高くなっても不思議ではありませんが、それらの人々が睡眠時間を短く答えやすいという傾向もあります。
そのため、睡眠時間が短い=早死にする とは断言できないのです。

上記のマンガも掲載している、「マンガで分かる肉体改造 短眠編」発売中です!

「マンガで分かる心療内科」、WEB版のバックナンバーはこちらです。↓

ここまで読んでくださって、本当にありがとうございました。