【マンガで図解】天才と凡人の最大の違いは「百尺竿頭一歩を進む」ということ。

天才と凡人の違いは「百尺竿頭一歩を進む」にあります。
百尺竿頭とは、長い竿の先端のこと。限界までやりきった、というところからさらに尽力することを指しています。
「もう無理だ…やめてしまおうかな」と気持ちがダレたり、「もう十分やったから、今日はいいや…」と思うときこそ、あともうちょっと、頑張ってみるのです。
それは勉強・仕事・恋愛、どんな場面にも言えますし、1分、1ページ、1言、1歩…なんでも構いません。
その積み重ねが、結果的に周りと大きな差をつけることができるんですよ。