成功者は、先に話す?後に話す? 自信の心理学テスト~横浜心療内科コラム

皆さんこんにちは、ゆうきゆうです。

今回はちょっとした心理テストをさせていただきます。

ある会議があり、あなたは参加者として質問したいことがありました。
そして、
「今から5名くらいの質問に答えます。何かありますか?」
という状況になりました。
このとき、あなたはいつ手を挙げますか?

A すぐに手を挙げ、質問する。
B 周囲の人の質問で様子を見てから、発言する。

あなたはどちらを選びましたか?

このテストでは、あなたの「自信」がわかります。

ニューヨーク大学の心理学者ジョン・マギー
今回の会議のような状況で、その人がどのタイプか・そしてどのタイミングで発言をするかということを調べました。

すると、自信がある人86%「A 先に発言する」と答えました。
反対に自信がない人は大半が「B 後に発言をする」と答えたのです。

ここからわかるのは、人間は自信があるほど「先にやろう」と考え・行動するということです。

研究発表・ダンスの発表会・学芸会でも何でもいいのですが
「じゃあ誰かやりたい人どうぞ」と言われた場合に
最初に手を挙げるのは、やはり自信がある人たちです。
練習を重ねてきたからこそ、「早く皆に見てほしい」と思うため、このような行動になるのです。
逆に、自信がない人・あまり練習していない人というのは、周囲の状況を見てからやろうとするため、後に引いてしまいます。

ですので、今回「A 先に発言する」を選んだ人は、普段から自信に溢れて行動してる人だと考えられます。
一方で、「B 後に発言をする」を選んだ人の気持ちもわかります。
始めに発言することは勇気が必要ですし、もし自分が質問できなくても、同じようなことを他の人が質問してくれる可能性もあります。そのため、待つことで防御の姿勢になるのでしょう。

しかしながら、これを繰り返してくと、自信がどんどんなくなっていってしまいます。
自分に自信をつけるためにも「最初に発言・行動」を心がけることをオススメします。

例えば、告白するときなど、日常のどんな場面でもいいです。
恋のライバルがいたとして、相手が「俺もあの子のこと、好きだと思ってるんだ」なんて聞こうものなら、とにかく「じゃあ先に自分が告白する」と行くべきです。

これがもし、ライバルに先に告白させるとしたら
うまくいったら、「自分はもう告白する必要もない」となるでしょうし、フラれたとしても、「ライバルみたいな人でもフラれるんだから、自分は告白しなくてよかった」となってしまい、結局何も行動できずに終わる恐れもあります。

小さな行動の積み重ねこそが、あなたの自信を作っていくのです。
とにかく先に発言・行動することを心がけてみてくださいね。

最後まで読んでくださって、ありがとうございました。

Youtube はこちら

Voicy はこちら

官越 いやし|ゆうメンタルクリニック横浜院

ゆうメンタルクリニック横浜院は、診察を『24時間・365日』受け付けております!
どんなお悩みも、お気軽にご相談ください。


診察を申し込む

こちらのお申し込みはご希望のお時間を確約するものではありません。
混雑具合によってはお時間ずれ込む可能性もありますので、余裕をもってお越しください。

監修・制作

このページは、ゆうメンタルクリニックの医師・スタッフが監修・制作しております。

特別監修・ゆうきゆう
精神科医、心理学者。
東京大学医学部医学科を卒業後、うつ病・統合失調症・てんかん・パニック障害・社交不安障害・不眠症など多くの疾患の治療を行い、2008年よりゆうメンタルクリニックを開院。
『マンガで分かる心療内科』の他、100冊以上の著作があります。

ゆうきゆうプロフィール

運営
取材依頼専用フォーム」よりご連絡ください。
連絡先専用フォーム」よりご連絡ください。