「何を数えるか」で行動は変わる~横浜心療内科マンガ

今回の実験からもわかるように、人は「○○の回数を数えよう」と考えると意識が引っ張られ、その行動を行う回数が増えるものなのです。
よって、勉強や良い習慣は「やった回数」を、喫煙や飲酒など避けたいことは「やらなかった(ガマンした)回数」を数えようと意識してみましょう。

より詳しく知られたい方は、「マンガで分かる心療内科 18巻 マインドフルネス編」もぜひ!

単行本はこちらから!

お気軽にご覧いただければ幸いです!

「マンガで分かる心療内科」、WEB版のバックナンバーはこちらです。↓

ここまで読んでくださって、本当にありがとうございました。