社会的距離(ソーシャルディスタンス)を強制されたハツカネズミ~横浜心療内科マンガ

ソーシャル・ディスタンス(社会的距離)を強制されたハツカネズミ~横浜心療内科マンガ

こんにちは。ゆうきゆうです。

現在、新型コロナウイルスの脅威はいまだに落ちついていません。
5月6日までの都内を中心とした緊急事態宣言は、さらなる延期が見込まれる状態になっています。

この「緊急事態宣言」では「密閉・密集・密接」の、いわゆる「三密」を避けるべし、というのが強く勧められています。

また同時に「ソーシャル・ディスタンス(社会的距離)」を取るようにも勧められています。
感染を防ぐために、2メートル程度の距離を取るべき、という理由ですね。
まぁ、これは本当に理解できるのです。

しかしながら、それでも人間の心理的距離は、実際の距離に比例するとも言われています。
感染を防ぐという名目であっても、「近づきがたい」という意識を強く持つことで、お互いの心理的な距離もとてもとても離れてしまうリスクがあります。

結果、周囲にたいして拒絶的な気持ちを抱いたり、また同時にさびしい気持ちが強くなってしまう人も増えてしまうはずです。

実際、ゆうメンタルクリニックに新たに受診される方は、自粛直後には減っていますが、現在、再び増えています。
みんな心のどこかで、不安や人とのつながりを求めてしまうのかもしれません。

人間だと想像しにくいかもしれませんので、ここではハツカネズミだとどうなるか、というのを見てみました。

ソーシャルディスタンス適用前

ソーシャルディスタンス適用後

うん。
切ない。

確かに感染はしづらくなるかもしれません。
しかし同時に、安心もふくめて、色々なものを犠牲にしているように思えます。

もちろん「だから近づけ」と安易に言うものではありません。ただ新型コロナウイルスは、純粋に病気的な意味だけでなく、広い意味で私たちの生活に影響を与えている、ということをご理解いただければ幸いです。

これがいつまで続くのか。
そして緊急事態宣言が解除されたあと、私たちの心理的な距離は、すぐに縮まるのか。または無意識の距離感は、しばらく尾を引いてしまうのか。そのあたりが非常に気になります。
ここまで読んでくださって、本当にありがとうございました。

イラスト…三國大和さん

官越 いやし|ゆうメンタルクリニック横浜院

ゆうメンタルクリニック横浜院は、診察を『24時間・365日』受け付けております!
どんなお悩みも、お気軽にご相談ください。


診察を申し込む

こちらのお申し込みはご希望のお時間を確約するものではありません。
混雑具合によってはお時間ずれ込む可能性もありますので、余裕をもってお越しください。

監修・制作

このページは、ゆうメンタルクリニックの医師・スタッフが監修・制作しております。

特別監修・ゆうきゆう
精神科医、心理学者。
東京大学医学部医学科を卒業後、うつ病・統合失調症・てんかん・パニック障害・社交不安障害・不眠症など多くの疾患の治療を行い、2008年よりゆうメンタルクリニックを開院。
『マンガで分かる心療内科』の他、100冊以上の著作があります。

ゆうきゆうプロフィール

運営
取材依頼専用フォーム」よりご連絡ください。
連絡先専用フォーム」よりご連絡ください。