短眠でポジティブになれる!?~横浜心療内科マンガ

「7時間睡眠が適切」「夜10時~2時は寝た方が良い」など、巷では様々な睡眠に関する説が出ています。
しかし、厚生労働省も定めているように、睡眠は人それぞれでいいのです。
7時間眠れなかった場合に「健康に問題がある」「自分はどうして眠れないんだろう…」と考える必要はないんです。また、短眠は睡眠時間が短くなってもそれをポジティブに活用できる助けにもなります。
参考にしていただけますと幸いです。


上記のマンガも掲載している、「マンガで分かる肉体改造 短眠編」発売中です!

「マンガで分かる心療内科」、WEB版のバックナンバーはこちらです。↓

ここまで読んでくださって、本当にありがとうございました。