マンガで分かる心療内科・精神科in池袋 第19回「90%の正確さで、『うつ』が診断できるテスト CES-D」


マンガで分かる心療内科・精神科in池袋

第19回「90%の正確さで、『うつ』が診断できるテスト CES-D」

 

 

 

 

 

 

 

制 作…「マンガで分かる心療内科・精神科 制作委員会」

作画監督…ソウ  脚本・演出・ 変人募集中…Y

単行本が5/12に発売される予定です。もし興味ありましたら。

 

<補 足> 

というわけで、あなたはここに紹介した6つの質問のうち、いくつがイエスでしたでしょうか。
参考程度に数えてみるのもいいかもしれません。

 

さて実際、メンタルで行われる心理テストにはさまざまな種類がありますが、全体的に、結構時間がかかるものが多かったりします。

特に、もっとも有名な心理テストの一つである「ロールシャッハテスト」などは、2~3時間かかることもザラです。
それに限らず、アンケート的な心理テストはたくさんありますが、どれも結構、問題数も多く、ハードです。

自分も色々とやってみましたが、問題数があまりに多いと、最後の方になってくると答えるのに疲れてきます。

そうなるとラスト近くの答えも、疲れ気味な回答に。

その結果、「あなたは疲れてます」みたいな分析結果になると、なんだかワナにかかったような切なさが胸にあふれ出します。
「え、誰のせいですか?」みたいな。

 

そういうハードな心理テストが多い中、この「CES-D」は、問題数もそこまで多くなく、5分程度でサラッと終わる心理テストです。
おそらく心理テストの中で、1・2を争う簡単さです。

それでいて、うつの診断精度は90%くらいだと言われていますので、かなり有用です。
当院ではよく使っておりますので、もし一度やってみたいということでしたら、お気軽にお電話ください。

 

ちなみにマンガの中にもありますが、「CES-D」は「セスデー」と呼びます。
ドイツ語で「D」は「デー」なんですが、個人的に、その読み方にハマってた時期があります。

ちょっとシャレた言葉っぽい気がしまして。

「CD」⇒「シーデー」
「END」⇒「エンデー」
「iPod」⇒「アイポッデー」
 

自分でも切なすぎると思います。悪い夢から覚めたようです。

悲しい思い出を抱きつつ、ここまで読んでくださって、本当にありがとうございました。