【マンガ】冬季うつ・夏季うつ/季節性感情障害 心療内科・精神科in池袋ゆうメンタルクリニック 第23回


マンガで分かる心療内科・精神科in池袋

第23回「夏と冬は、メンタルが危険? 季節性感情障害 冬季うつ・夏季うつ」

 

制 作…「マンガで分かる心療内科・精神科 制作委員会」

作画監督…ソウ  脚本・演出・カルピスは初恋の味…Y

<補 足>

というわけで、季節性感情障害の話。いかがでしたでしょうか。
特別なストレスがあるわけではないにもかかわらず、特定の時期だけ気持ちが変化することを言います。

ですので、よく言われる「五月病」は、「期待に満ちた四月を越え、緊張の糸がプツンと切れてしまうから」と考えられるので、
純粋な季節性によるもの…とは、厳密には違うかと考えられます。

ちなみに特定の季節に限らず、メンタルにかかっている方の場合、「季節の変わり目」に、調子を崩される方が多いようです。

寒くなり始め、暑くなり始め…。
そんな急激な変化で、より疲れてしまうのかもしれません。

ちなみに刑事ドラマの取り調べでよくある、ライトを犯人に照らしつけて、
「お前がやったんだろ!」というのは、照射療法ではありません。注意してください。
犯人がうつから改善して自白したくなる、とかそういう効果はないと思います。

話は大きく変わりますが、ビキニの由来。

実際、ビキニが作られた時代は激しくセクシーな水着だったと思いますが。

現代、そこまでかと言われると、どうなんだろ、と思いますよね。
原爆レベルではないというか。

そのことについて、友人の精神科医に話したところ、カレは言いました。

「だよな、ビキニくらい、たいしたこと、ないよな。絶対に、スクール水着の方がいいよな」

あ、話す人間、間違えたと思いました。

切ない気持ちを抱えつつ、ここまで読んでくださって、本当にありがとうございました。

(完)

単行本も発売してます!