マンガで分かる心療内科・精神科in池袋 第28回「不眠症・睡眠障害を治すには?」


マンガで分かる心療内科・精神科in池袋

第28回「不眠症・睡眠障害を治すには?」

 

制 作…「マンガで分かる心療内科・精神科 制作委員会」

作画監督…ソウ  脚本・演出・だからサボテンは嫌いです…Y

 

<解説>

というわけで、不眠について。いかがでしたでしょうか。
実際、高齢になるにつれ、不眠になる方は増えると言われています。
ここで睡眠を調べてみると、「ノンレム睡眠が、ほとんど深まらなくなっている」ということが多くなっているのです。

ノンレム睡眠が、1~2段階で止まり、3段階以上にいかないままに終わり、そのままレム睡眠に移行してしまっているのです。

そしてレム睡眠の回数などは、若い人と高齢者で大きな変化はありません。
ただ「ノンレム睡眠が深まらない」ことこそが、最大の差なのです。

すなわち睡眠において何より重要なのは「ノンレム睡眠」。
そしてノンレム睡眠というのは、「脳が休んでいる」状態でした。

実は人間の休息において大切なのは「脳が休むこと」なのです。
脳は、「心」と言い換えてもいいかもしれません。

ですので、あなたが「疲れた…」と思うのなら、それは「心が疲れてるんだ」ということを、ハッキリと認識すること。
そしてその上で、まず大切なのは「休む」こと。
睡眠はもちろんですが、

「仕事から完全に離れる時間」や
「その悩みのことを何も考えない時間」を持つことが大切です。

とはいえ「考えちゃダメ!」と思うと、より考えてしまうのが人の常ですので、

「強制的に体を動かす」

というのもアリだと思います。
散歩でもストレッチでも構いません。体を動かせば、相対的に心の中で悩みや心配の占める面積は減っていきます。
どうか覚えておいてくださいね。
 

ちなみに夢を見ているときに、色々と画期的なアイディアが見つかるとはよく言われます。
僕自身、実践してみたことがあります。

枕元に、紙とペンを置いて、夢の内容をメモしようとしたのです。

あるとき、夢で「うわぁこれは面白い!すごいネタだ!」というものが思いつきました。

忘れないうちに、寝ぼけまなこでメモしました。

朝になりました。

メモにはこう書いてありました。

 

「単刀直輸入」

 

意味はまったく分かりませんでした。
自分の潜在意識についてさらに謎が深まりつつ、ここまで読んでくださって、本当にありがとうございました。

 
(完)

単行本2巻が11月22日に発売です。よろしければ。