コンビニに行くたびに自信に溢れ、願いが叶う最強の習慣! ~横浜心療内科コラム

ここでは皆さんの気持ちを楽しくしたり、楽しくしたり、もしくは前向きにしたり…
そんなようなお話ができたらな、と思っています。

さて、みなさんはほんのちょっとの行動とコストにもかかわらず、爆発的に気持ちを持ち上げて、自信に満ち溢れる行動をご存知でしょうか。

その鍵は、コンビニにあります。
コンビニに行って買い物をすると、レジの近くに募金箱があると思います。 
この募金箱に、ほんのちょっとでもいいので、お金を入れてみましょう。

募金というと、結局よく何に使われるかわからないし、損をするだけでは?
と思う方もいるでしょう。

しかしながら、募金というのはちょっとした金額にもかかわらず、自信と喜びが満ち溢れてくる行動なのです。

他者貢献で自信アップ!

アドラー心理学では、人間にとっての最大の喜び他者(社会や人)に対する貢献であると言われています。
つまり、誰かのことを助けたり、何か人にやってあげたりすると、自信と喜びに満ちることができるんです。

例えば、おばあさんが車にひかれそうになってるのを助けたら(もちろんおじいさんでもいいのですが)

「あぁ、俺生きててよかった!」

と、すごく幸せな気持ち・ヒーローになったような気持ちになるのではないでしょうか。
募金というのは、人の為に何かしてあげた!という気持ちを得られるため
人助けの小さいバージョンと言えます。

ごちそうを全部ではないけれど、一口だけ食べられる。
そんな感覚に近い喜びを感じられるわけです。

例えば10円でも5円でも究極1円でもかまいません。
1円入れたら1年毎日やっても365日円ですし、10円だとしても3650円。
本当にたいした額ではありませんので、毎日実行してみましょう。

もしくは覚えてる時だけする、でもいいでしょう。
たとえ1円だったとしても、それによって大きな額になっていきますし
最終的には、大きな金額の一端を担うわけですから、「人のためにやったんだ!」と、自信が湧いてくるでしょう。

募金は「お賽銭」

例えば毎年多くの人が、1年の最初に初詣へ行きますね。

そして、10円でも200円でも1000円でも、1万円など入れる人もいるでしょう。
わざわざ皆さん並んでまでお金を払いにいくのは、初詣が快感のひとつだからと言えます。

神様にお金を払ったということで願いごとなども言いますが、この行為はある意味人に対する貢献に近いと言えます。
募金とお賽銭は通じるところがあるため、普段の募金を「お賽銭だ」と考えてもいいかもしれません。

お金の寄付を神様が見ていて、自分の願いを叶えてくれる。もしくは社会全体を神様みたいなものだと考えて、募金するたびにお願いごとをしてもいいでしょう。

「願う」ことは「実行・実現に近づく」という意味があります。

例えば「将来的にこういったことがしたい」と願うことで、
よりそれを実現するため行動に移していくことになります。

そのため「願掛け」や「お願いをする」行為には意味があると考えています。

まとめ

ちょっとしたお金を入れるという行為にも意味を見出すと
自分の自己実現にもつながりますし、他社貢献をしているために気持ちも満たされていきます。

コンビニでぜひ、「お賽銭思考」を持ってみてください!

ここまで読んでくださって、本当にありがとうございました。

(完)

音声で聞きたい方はこちらから「Voicy / コンビニに行くたびに自信に溢れ、願いが叶う最強の習慣! !」

官越 いやし|ゆうメンタルクリニック横浜院

ゆうメンタルクリニック横浜院は、診察を『24時間・365日』受け付けております!
どんなお悩みも、お気軽にご相談ください。


診察を申し込む

こちらのお申し込みはご希望のお時間を確約するものではありません。
混雑具合によってはお時間ずれ込む可能性もありますので、余裕をもってお越しください。