【2022年最新版】コントミン最大の副作用は!?リアル体験談ベスト5!

【2022年最新版】コントミンの副作用と効果は?リアルな感想【ベスト5】

コントミンは神経伝達物質であるドパミンおよびセロトニンの受容体を遮断する作用があり、不安や緊張をやわらげ、気分を安定させるお薬です。通常、統合失調症、躁病、神経症による不安・緊張・抑うつ、悪心・嘔吐、しゃっくり、破傷風に伴う痙攣の治療や、麻酔前、催眠・鎮静・鎮痛剤の効力増強に用いられます。

しかし「いい効果の他に、副作用もあるのでは?」と心配される方も多いのではないでしょうか?

まず薬剤情報としては、以下のような副作用があります。

「コントミン」の副作用

血小板減少性紫斑病(発熱、けん怠感、あおあざができる)、過敏症状、光線過敏症など

では実際、ネットのリアルな体験談として、どのような副作用や効果があるのでしょうか?

具体的なリアル体験談についてまとめてみました。

コントミンの副作用のクチコミ

コントミンを飲んでいてふらつきが出て夜中にベッドから起き上がった時に倒れてしまいました。起立性低血圧になることがあると使い始めてから知りました。
飲み始めてしばらくたちますが、副作用が多い薬と言われているのを知りました。吐き気、頭痛、めまい・ふらつき・立ちくらみ、体のこわばりなど…。自分の体調不良かと思っていましたが、副作用とすれば思い当たるものが結構あります。
これを飲み始めたからなのか異常に喉が渇きます。夜の就寝時に飲むのですが朝には喉がカラカラになって目が覚めます。
コントミンをのむようになってから ものを書く時にペンを持つ手が震えたり、横になっていると足がぴくついたりします。気になるので何とかしたいです。
家族がコントミン糖衣錠をここ数年使用しています。最初から少しずつ副作用があり、それに慣れるを繰り返していましたが、最近になって手足のしびれや胸が苦しい感覚が起きるようになっています。統合失調症の症状を鎮めて眠る為に必要なのでしょうが、できれば余り飲ませたくないです。
とはいえ、もちろん副作用だけではありません。
うまく効けば、このようないい効果があります。

こちらも具体的な体験談をまとめてみました。

コントミンの効果のクチコミ

コントミンは今まで僕が飲んだ薬の中で1番強いです。良く効く感はありますが副作用もそれなりにあります。
夜のイライラに邪魔されて眠れない傾向があるので、入眠をスムーズにしてくれ助かります。
コントミンでぐっすり眠れます。非常に深い眠りです。でも、副作用が重いということなので頼りすぎず一時的に使おうと思います。
これを飲むとすごくねむたくなるので、睡眠補助剤として使っています。
不眠になってしまったのでコントミンを飲むことにしました。 鎮静作用によってとても落ち着いて寝る事が出来ています。
というわけで、コントミンの副作用と効果、リアルな体験談を集めてみました。いかがでしたでしょうか。
実際、誰でも精神科・心療内科のお薬を飲むのには不安があるものです。ここにある内容が、少しでもあなたの気持ちを安心させる手助けになっていれば幸いです。

もちろん、ここまで読まれても不安がまだある場合、必ず主治医や担当の薬剤師にご相談ください。

【2022年最新版】コントミンの副作用と効果は?リアルな感想【ベスト5】

ちなみにもし現在、相談しやすい心療内科・精神科をお探しなら、選択肢の一つとして、ゆうメンタルクリニックはいかがでしょうか?

ゆうメンタルクリニック(心療内科・精神科)各院へのアクセス|すべての院が駅チカ!グループ全院のアクセスはこちらから!

お知らせ
引用・参照:独立行政法人 医薬品医療機器総合機構
(※掲載中のリアル体験談ですが調査・集計時と現時点とで異なる場合があり、その正確性について保証するものでもありません。情報不備などございましたら「専用フォーム」より、ご連絡ください。)