【2022年最新版】エリスパン最大の副作用は!?リアル体験談ベスト5!

【2022年最新版】エリスパンの副作用と効果は?リアルな感想【ベスト5】

エリスパンは中枢神経に作用して、ストレスなどの精神的な原因によって起こる消化器疾患、高血圧、心臓神経症、あるいは自律神経失調症の症状をやわらげます。通常、心身症における身体症候、不安・緊張・抑うつ、焦燥、易疲労性、睡眠障害の治療に用いられます。

しかし「いい効果の他に、副作用もあるのでは?」と心配される方も多いのではないでしょうか?

まず薬剤情報としては、以下のような副作用があります。

「エリスパン」の副作用

眠気、めまい・ふらつき、倦怠感、脱力感、口渇、発疹、かゆみなど

では実際、ネットのリアルな体験談として、どのような副作用や効果があるのでしょうか?

具体的なリアル体験談についてまとめてみました。

エリスパンの副作用のクチコミ

私は不安感や緊張が強いので普段常に気持ちが高ぶった感じなのです。エリスパンをのんで気持ちが落ち着くと、普段の反動のように急に強い眠気が出てきてふらついたりします。
これといった原因もないのに吐き気が起こるのであちこちで診てもらい、結局心療内科で心身症といわれでエリスパンを処方されました。しかし副作用に吐き気や嘔吐があるとあり、絶対に飲みたくないです。
抗不安薬をいくつか使いました。エリスパンではふわっとした感覚のあとお酒を飲んだような気分になり、そのあと息がしにくくなる感覚になりました。
精神科医から、効き目が早く長く効くと薦められて飲みました。気分は確かにスーッと良くなりました。しかししばらくすると胸と頭がもやもや仕出し、目がふらつく感じにおそわれました。医師から説明はありませんでしたが副作用が強く出ました。
エリスパンを飲んで一週間位経ちましたが、眠気がすごく集中力も低下しているように思います。
とはいえ、もちろん副作用だけではありません。
うまく効けば、このようないい効果があります。

こちらも具体的な体験談をまとめてみました。

エリスパンの効果のクチコミ

エリスパンを飲むと脳が活動しすぎているのを鎮めてくれている感じがします。気分を落ち着かせてくれるお薬です。
この薬は早く効きます。飲んで1時間ほどすると気分が良くなってきます。
慣れない環境に身をおくと眠れなくなるのですが、そういう時はメンタルクリニックでもらったエリスパンを飲んで眠ることにしています。
エリスパンは仕事で疲れがとれず心身に不調が出始めたなと思った時に頼りにしている薬です。
服用後に眠たかったりぼーっとすることはありますが、効果はしっかりと感じています。
というわけで、エリスパンの副作用と効果、リアルな体験談を集めてみました。いかがでしたでしょうか。
実際、誰でも精神科・心療内科のお薬を飲むのには不安があるものです。ここにある内容が、少しでもあなたの気持ちを安心させる手助けになっていれば幸いです。

もちろん、ここまで読まれても不安がまだある場合、必ず主治医や担当の薬剤師にご相談ください。

【2022年最新版】エリスパンの副作用と効果は?リアルな感想【ベスト5】

ちなみにもし現在、相談しやすい心療内科・精神科をお探しなら、選択肢の一つとして、ゆうメンタルクリニックはいかがでしょうか?

ゆうメンタルクリニック(心療内科・精神科)各院へのアクセス|すべての院が駅チカ!グループ全院のアクセスはこちらから!

お知らせ
引用・参照:独立行政法人 医薬品医療機器総合機構
(※掲載中のリアル体験談ですが調査・集計時と現時点とで異なる場合があり、その正確性について保証するものでもありません。情報不備などございましたら「専用フォーム」より、ご連絡ください。)