【2022年最新版】ラモトリギン最大の副作用は!?リアル体験談ベスト5!

【2022年最新版】ラモトリギンの副作用と効果は?リアルな感想【ベスト5】

ラモトリギンは興奮性神経伝達物質の遊離を抑制して神経の過剰な興奮を抑え、けいれん発作を起こしにくくします。通常、部分発作、強直間代発作に対する単剤療法または他の抗てんかん薬との併用療法(小児は併用療法のみ)、定型欠神発作に対する単剤療法、Lennox-Gastaut症候群における全般発作に対する他の抗てんかん薬との併用療法に用いられます。

しかし「いい効果の他に、副作用もあるのでは?」と心配される方も多いのではないでしょうか?

まず薬剤情報としては、以下のような副作用があります。

「ラモトリギン」の副作用

発疹、頭痛、めまい、胃腸障害、傾眠(意識がぼんやりする)、複視など

では実際、ネットのリアルな体験談として、どのような副作用や効果があるのでしょうか?

具体的なリアル体験談についてまとめてみました。

ラモトリギンの副作用のクチコミ

ラモトリギンによって酷い眠気がもたらされます。毎日眠くて仕方ありません。
ラモトリギンを飲んで、発疹が出たので重大なことだと思いすぐに報告して中止しました。
この薬で認知障害が出ることはあるのでしょうか。物覚えが悪くなった気がします。
副作用の眠気や怠さが続いて、日中の活動に支障が出ました。
ラモトリギンを飲んでいて頭痛があり、意識がぼんやりとします。
とはいえ、もちろん副作用だけではありません。
うまく効けば、このようないい効果があります。

こちらも具体的な体験談をまとめてみました。

ラモトリギンの効果のクチコミ

ストレスがかかりすぎると症状が起きていたのですが、この薬のお陰で安定し予防になっているようです。
自分の身体や症状に合っているようで気分の変動・発作が少なくなりました。
ラモトリギンを飲んでいるせいか最近気分がダウンすることが少ないです。
ラモトリギンを飲み始めて体調が崩れる心配なく仕事に集中できるので良かったです。
ラモトリギンを飲んでから、精神的な不安定さがだいぶ楽になりました。
というわけで、ラモトリギンの副作用と効果、リアルな体験談を集めてみました。いかがでしたでしょうか。
実際、誰でも精神科・心療内科のお薬を飲むのには不安があるものです。ここにある内容が、少しでもあなたの気持ちを安心させる手助けになっていれば幸いです。

もちろん、ここまで読まれても不安がまだある場合、必ず主治医や担当の薬剤師にご相談ください。

【2022年最新版】ラモトリギンの副作用と効果は?リアルな感想【ベスト5】

ちなみにもし現在、相談しやすい心療内科・精神科をお探しなら、選択肢の一つとして、ゆうメンタルクリニックはいかがでしょうか?

ゆうメンタルクリニック(心療内科・精神科)各院へのアクセス|すべての院が駅チカ!グループ全院のアクセスはこちらから!

お知らせ
引用・参照:独立行政法人 医薬品医療機器総合機構
(※掲載中のリアル体験談ですが調査・集計時と現時点とで異なる場合があり、その正確性について保証するものでもありません。情報不備などございましたら「専用フォーム」より、ご連絡ください。)