【2022年最新版】セパゾン最大の副作用は!?リアル体験談ベスト5!

【2022年最新版】セパゾンの副作用と効果は?リアルな感想【ベスト5】

セパゾンは脳内に広く存在するベンゾジアゼピン受容体に作用して、神経系に抑制的に作用し、不安や緊張などを取り除くお薬です。抗不安効果のみでなく、強迫神経症・恐怖症、抑うつ反応などにも効果があります。通常、神経症における不安・緊張・抑うつ・強迫・恐怖・睡眠障害の治療に用いられます。また、心身症(消化器疾患、循環器疾患、更年期障害、自律神経失調症)における身体症候ならびに不安・緊張・抑うつ、術前の不安除去の治療に用いられます。

しかし「いい効果の他に、副作用もあるのでは?」と心配される方も多いのではないでしょうか?

まず薬剤情報としては、以下のような副作用があります。

「セパゾン」の副作用

眠気、ふらつき、けん怠感、口渇、めまい、吐き気・嘔吐、脱力感、発疹、かゆみなど

では実際、ネットのリアルな体験談として、どのような副作用や効果があるのでしょうか?

具体的なリアル体験談についてまとめてみました。

セパゾンの副作用のクチコミ

この薬の副作用で我慢できないくらいの眠気でフラフラします。不安感が劇的になくなるわけでもなく、この眠たさを耐えるのは辛いです。
服用後、とてもハイになり幸せな感じが満ち溢れました。自分でも極端で不自然なのがわかりました。このような興奮状態になる副作用もあるらしいです。そのリバウンドで落ち込むのは嫌です。
服薬したあとの眠気やだるさがひどいです。身体が重くて立ってられない時もあります。
セパゾンを服用しているのですが、飲むと吐き気が起こったり、頭痛がします。
セパゾンを飲んで1時間ほどしたら、喉が渇いて仕方なくなりました。薬が効いてきたころなので副作用だと思いました。
とはいえ、もちろん副作用だけではありません。
うまく効けば、このようないい効果があります。

こちらも具体的な体験談をまとめてみました。

セパゾンの効果のクチコミ

神経症と診断されました。治療でセパゾンを飲んでいます。飲むとすぐに効いてくれる気がし不安感がなくなります。
乗り物などせまい所が怖く苦手です。セパゾンは閉鎖的なところで冷や汗が出たりする症状を抑えてくれるので、出かける時には持っていきます。
緊張感があって辛いときに飲んでいます。リラックスできます。
これを飲み続けていたら、不安な気持ちや恐怖感が消えるようになりました。
何種類か抗不安薬を飲んで来ましたが、このセパゾンは効き目が強い薬だと思います。
というわけで、セパゾンの副作用と効果、リアルな体験談を集めてみました。いかがでしたでしょうか。
実際、誰でも精神科・心療内科のお薬を飲むのには不安があるものです。ここにある内容が、少しでもあなたの気持ちを安心させる手助けになっていれば幸いです。

もちろん、ここまで読まれても不安がまだある場合、必ず主治医や担当の薬剤師にご相談ください。

【2022年最新版】セパゾンの副作用と効果は?リアルな感想【ベスト5】

ちなみにもし現在、相談しやすい心療内科・精神科をお探しなら、選択肢の一つとして、ゆうメンタルクリニックはいかがでしょうか?

ゆうメンタルクリニック(心療内科・精神科)各院へのアクセス|すべての院が駅チカ!グループ全院のアクセスはこちらから!

お知らせ
引用・参照:独立行政法人 医薬品医療機器総合機構
(※掲載中のリアル体験談ですが調査・集計時と現時点とで異なる場合があり、その正確性について保証するものでもありません。情報不備などございましたら「専用フォーム」より、ご連絡ください。)