【2022年最新版】ロラメット最大の副作用は!?リアル体験談ベスト5!

【2022年最新版】ロラメットの副作用と効果は?リアルな感想【ベスト5】

ロラメットは中枢神経系のベンゾジアゼピン受容体に作用することにより、大脳辺縁系や視床下部の情動機構・大脳辺縁系賦活機構を抑制して睡眠増強作用を示します。また、入眠時間の短縮や睡眠時間の延長を導きます。通常、不眠症の治療に用いられます。

しかし「いい効果の他に、副作用もあるのでは?」と心配される方も多いのではないでしょうか?

まず薬剤情報としては、以下のような副作用があります。

「ロラメット」の副作用

眠気、ふらつき、頭重感、倦怠感、発疹、かゆみなど

では実際、ネットのリアルな体験談として、どのような副作用や効果があるのでしょうか?

具体的なリアル体験談についてまとめてみました。

ロラメットの副作用のクチコミ

何かあると不眠になるタイプです。ロラメットを服用して余り効かず眠れなかったので、眠る自信が益々なくなってしまいました。
ロラメットを飲むとそのあと気分がよくありません。頭が重い感じがします。
祖父が眠れないため心療内科でロラメットをを処方してもらい薬に頼る気持ちが大きいです。しかし飲むと物忘れが多くなり、ろれつが回らなくなり、家族としては心配です。
これを服用してから寝つきは良くなったのですが、夜中決まった時間に目が覚めてしまいます。少し効きがマイルドなようです。
ロラメットが出たので期待して服用しましたが、寝られても眠りが浅い感じですっきりしません。
とはいえ、もちろん副作用だけではありません。
うまく効けば、このようないい効果があります。

こちらも具体的な体験談をまとめてみました。

ロラメットの効果のクチコミ

ロラメットを飲むと寝付きが良くなります。
寝つきから朝まで途中何度も目が覚めてしまう体質でロラメットのお世話になっています。
ロラメットを飲んでも副作用が出た感じはありません。
睡眠障害持ちで、入眠にとても時間がかかる日があります。そういう時は頓服のロラメットを飲みます。
私は夜中に目を覚ましてしまい再度なかなか眠れない人ですが、ロラメットを飲み、改善しました。
というわけで、ロラメットの副作用と効果、リアルな体験談を集めてみました。いかがでしたでしょうか。
実際、誰でも精神科・心療内科のお薬を飲むのには不安があるものです。ここにある内容が、少しでもあなたの気持ちを安心させる手助けになっていれば幸いです。

もちろん、ここまで読まれても不安がまだある場合、必ず主治医や担当の薬剤師にご相談ください。

【2022年最新版】ロラメットの副作用と効果は?リアルな感想【ベスト5】

ちなみにもし現在、相談しやすい心療内科・精神科をお探しなら、選択肢の一つとして、ゆうメンタルクリニックはいかがでしょうか?

ゆうメンタルクリニック(心療内科・精神科)各院へのアクセス|すべての院が駅チカ!グループ全院のアクセスはこちらから!

お知らせ
引用・参照:独立行政法人 医薬品医療機器総合機構
(※掲載中のリアル体験談ですが調査・集計時と現時点とで異なる場合があり、その正確性について保証するものでもありません。情報不備などございましたら「専用フォーム」より、ご連絡ください。)