【2022年最新版】クレミン最大の副作用は!?リアル体験談ベスト5!

【2022年最新版】クレミンの副作用と効果は?リアルな感想【ベスト5】

クレミンは神経伝達物質であるドパミンおよびセロトニンの受容体を遮断する作用があります。考えがまとまりにくいなどの心の不調をととのえ、気分を安定させるお薬です。通常、統合失調症の治療に用いられます。

しかし「いい効果の他に、副作用もあるのでは?」と心配される方も多いのではないでしょうか?

まず薬剤情報としては、以下のような副作用があります。

「クレミン」の副作用

パーキンソン症候群(動きがにぶい、手足のふるえ)、アカシジア(じっとしていることができない、座ったり、足踏みしたりせずにはおられない)、眠気、肝機能異常、過敏症(かゆみ、発疹)など

では実際、ネットのリアルな体験談として、どのような副作用や効果があるのでしょうか?

具体的なリアル体験談についてまとめてみました。

クレミンの副作用のクチコミ

これを飲むと頭がぼんやりして眠気が強くなります。
私はパーキンソン症候群の副作用で体調がひどくなったため、クレミンでの治療を続けることはできませんでした。
クレミンが処方に加わってから酷い眠気で朝起きにくいです。昼間も眠たく、うとうとしてしまいます。
この薬を飲んだらアカシジアの副作用が出ました。
あまり効いている感じがなく、統合失調症の症状に変化がありません。
とはいえ、もちろん副作用だけではありません。
うまく効けば、このようないい効果があります。

こちらも具体的な体験談をまとめてみました。

クレミンの効果のクチコミ

このお薬を処方していただいてから、家族の症状がかなり落ち着いてきています。
飲んでいると気持ちが落ち着いて不安感が軽くなるように感じます。
家族が怒りっぽくなったり、激しい言動になることが多く大変でしたが、薬を飲み始めてそんな不安感が強くなる症状をおさえてくれるようで助かっています。
不安感が消えて気分がだいぶ安定しました。
私にはあっているようで最近精神面が大分安定してきています。
というわけで、クレミンの副作用と効果、リアルな体験談を集めてみました。いかがでしたでしょうか。
実際、誰でも精神科・心療内科のお薬を飲むのには不安があるものです。ここにある内容が、少しでもあなたの気持ちを安心させる手助けになっていれば幸いです。

もちろん、ここまで読まれても不安がまだある場合、必ず主治医や担当の薬剤師にご相談ください。

【2022年最新版】クレミンの副作用と効果は?リアルな感想【ベスト5】

ちなみにもし現在、相談しやすい心療内科・精神科をお探しなら、選択肢の一つとして、ゆうメンタルクリニックはいかがでしょうか?

ゆうメンタルクリニック(心療内科・精神科)各院へのアクセス|すべての院が駅チカ!グループ全院のアクセスはこちらから!

お知らせ
引用・参照:独立行政法人 医薬品医療機器総合機構
(※掲載中のリアル体験談ですが調査・集計時と現時点とで異なる場合があり、その正確性について保証するものでもありません。情報不備などございましたら「専用フォーム」より、ご連絡ください。)