【2022年最新版】パキシル最大の副作用は!?リアル体験談ベスト5!

【2022年最新版】パキシルの副作用と効果は?リアルな感想【ベスト5】

パキシルは脳内の神経伝達物質セロトニンの働きに作用して抗うつ作用や抗不安作用を示します。憂うつな気持ち・突然の激しい不安・強迫観念・人前での過度な緊張などの症状を改善するお薬です。通常、うつ病・うつ状態の治療に用いられます

しかし「いい効果の他に、副作用もあるのでは?」と心配される方も多いのではないでしょうか?

まず薬剤情報としては、以下のような副作用があります。

「パキシル」の副作用

吐き気、眠気、口渇、便秘、頭痛、倦怠感、胃不快感など

では実際、ネットのリアルな体験談として、どのような副作用や効果があるのでしょうか?

具体的なリアル体験談についてまとめてみました。

パキシルの副作用のクチコミ

めまいがしたり吐き気がします。パキシルの副作用でしょうか。
パキシルを先日飲み始めました。仕事中眠気が酷く、辛くて困っています。
パニック障害でパキシルを5日間飲みましたが副作用の吐き気が強くて辞めました。止めてもまだむかつきがあります。
私がパキシルを飲んだ時の副作用は体重増加でした。1年で10キロくらい増えました。
パキシルを服用し始めています。いつかは止める時が来ると思うのですが、断薬した時の辛さをよく聞きます。めまいとか耳鳴りとかすると聞いて心配です。
とはいえ、もちろん副作用だけではありません。
うまく効けば、このようないい効果があります。

こちらも具体的な体験談をまとめてみました。

パキシルの効果のクチコミ

パキシルを使うと気持ちが前向きに保てます。集中力も少し増して仕事に打ち込めます。
この薬を飲んでからは少しづつですが気持ちが楽になってきて今では会社がとても楽しくて上司ともわかりあえて仲良くなったので本当に感謝しています。
パニック障害になって丸2年。このたび、薬をパキシルに変更しました。こっちの薬の方が効きそうな気がしました。服用して気分の波が減ってきたし、パニックも起こさなくなってきました!
パニック障害を持っているため予防として購入しました。仕事で行き詰ることがあると症状が出そうになるので、仕事で疲れていたり、忙しくなると思ったときに使うようにしています。現在はしっかりと予防できていて、今のところ症状は出ていません。
うつ病になってからパキシルを飲んでいます。薬が合っていたのか鬱と躁のバランスが良い感じを保っていて、生活においてかなり助かっています。
というわけで、パキシルの副作用と効果、リアルな体験談を集めてみました。いかがでしたでしょうか。
実際、誰でも精神科・心療内科のお薬を飲むのには不安があるものです。ここにある内容が、少しでもあなたの気持ちを安心させる手助けになっていれば幸いです。

もちろん、ここまで読まれても不安がまだある場合、必ず主治医や担当の薬剤師にご相談ください。

【2022年最新版】パキシルの副作用と効果は?リアルな感想【ベスト5】

ちなみにもし現在、相談しやすい心療内科・精神科をお探しなら、選択肢の一つとして、ゆうメンタルクリニックはいかがでしょうか?

ゆうメンタルクリニック(心療内科・精神科)各院へのアクセス|すべての院が駅チカ!グループ全院のアクセスはこちらから!

お知らせ
引用・参照:独立行政法人 医薬品医療機器総合機構
(※掲載中のリアル体験談ですが調査・集計時と現時点とで異なる場合があり、その正確性について保証するものでもありません。情報不備などございましたら「専用フォーム」より、ご連絡ください。)