【2022年最新版】ベタナミン最大の副作用は!?リアル体験談ベスト5!

【2022年最新版】ベタナミンの副作用と効果は?リアルな感想【ベスト5】

ベタナミンはナルコレプシーなど傾眠疾患に対して、覚せい作用、全般的精神賦活作用、大脳皮質の賦活作用と脳幹の鎮静作用を示します。また、中枢神経興奮作に基づく抗うつ作用もあります。通常、軽症うつ病、抑うつ神経症の治療や、ナルコレプシーなどの睡眠発作、傾眠傾向、精神的弛緩の改善に用いられます。

しかし「いい効果の他に、副作用もあるのでは?」と心配される方も多いのではないでしょうか?

まず薬剤情報としては、以下のような副作用があります。

「ベタナミン」の副作用

口渇、不眠、胃腸障害、発汗、動悸、発疹など

では実際、ネットのリアルな体験談として、どのような副作用や効果があるのでしょうか?

具体的なリアル体験談についてまとめてみました。

ベタナミンの副作用のクチコミ

このお薬を飲んでいて一番の副作用は口の渇きです。大量に水を飲みますが治まらない程の喉の渇きが1日中あります。
ベタナミンを飲んでいます。服用していての悩みは、夜に目が冴えて眠れなくなることが多いことです。
これを飲み始めた時 暑い季節でもないのに脇汗を常にかいていました。ちょっとしたストレスで冷や汗もよくかくようになっていました。
ベタナミン服用中は少し動くと動悸がしていました。心臓はそれまで悪くなかったので副作用と思い主治医に相談しました。
この薬では効果があまり感じられませんでした。
とはいえ、もちろん副作用だけではありません。
うまく効けば、このようないい効果があります。

こちらも具体的な体験談をまとめてみました。

ベタナミンの効果のクチコミ

眠気をコントロールできるので最近精神面の健康が安定してます。
お薬による治療で昼間の過度な眠気が改善されました。
私にはこのお薬が合っていて助かっています。
日中の覚醒を助けてくれますし、昼間の過ごし方が安定するので 夜間の眠りの乱れも徐々に良くなっているように思えます。
僕はこの薬での副作用が特にありません。服用を続けようと思います。
というわけで、ベタナミンの副作用と効果、リアルな体験談を集めてみました。いかがでしたでしょうか。
実際、誰でも精神科・心療内科のお薬を飲むのには不安があるものです。ここにある内容が、少しでもあなたの気持ちを安心させる手助けになっていれば幸いです。

もちろん、ここまで読まれても不安がまだある場合、必ず主治医や担当の薬剤師にご相談ください。

【2022年最新版】ベタナミンの副作用と効果は?リアルな感想【ベスト5】

ちなみにもし現在、相談しやすい心療内科・精神科をお探しなら、選択肢の一つとして、ゆうメンタルクリニックはいかがでしょうか?

ゆうメンタルクリニック(心療内科・精神科)各院へのアクセス|すべての院が駅チカ!グループ全院のアクセスはこちらから!

お知らせ
引用・参照:独立行政法人 医薬品医療機器総合機構
(※掲載中のリアル体験談ですが調査・集計時と現時点とで異なる場合があり、その正確性について保証するものでもありません。情報不備などございましたら「専用フォーム」より、ご連絡ください。)