【2022年最新版】ロナセン最大の副作用は!?リアル体験談ベスト5!

【2022年最新版】ロナセンの副作用と効果は?リアルな感想【ベスト5】

ロナセンは、脳内の神経伝達物質(ドパミン、セロトニンなど)のバランスを整えることにより、強い不安や緊張感、意欲の低下などの症状をやわらげるお薬です。通常、統合失調症の治療に用いられます。

しかし「いい効果の他に、副作用もあるのでは?」と心配される方も多いのではないでしょうか?

まず薬剤情報としては、以下のような副作用があります。

「ロナセン」の副作用

パーキンソン症候群(手足のふるえ、筋肉のこわばり、動きが遅い)、アカシジア(じっとしていられない)、不眠、ジスキネジア(顔、特に口の周囲の絶え間ない不随意運動)、眠気など

では実際、ネットのリアルな体験談として、どのような副作用や効果があるのでしょうか?

具体的なリアル体験談についてまとめてみました。

ロナセンの副作用のクチコミ

ロナセンを服用中、頭がぼーっとしたり頭痛がしたり、眠くなったりの副作用がありました。
副作用で生理が乱れ、乳汁が出るようになり、止めざるを得ませんでした。ロナセンを飲むと、プロラクチンというホルモンが高くなるらしく、それが原因で生理が止まり乳が出たようです。
薬がロナセンに変わって3週間が経ちましたが、身体のあちこちがかゆくてたまりません。
私の場合ロナセンの処方があってから、過食、乳汁分泌の副作用があり、2ヶ月弱服用してから中止になりました。
ロナセンで夜の睡眠に障害が出た。中途覚醒、早期覚醒してしまう症状があった。
とはいえ、もちろん副作用だけではありません。
うまく効けば、このようないい効果があります。

こちらも具体的な体験談をまとめてみました。

ロナセンの効果のクチコミ

私はロナセンと相性が良かったです。うつが軽快になり、鼻唄が出るまでになりました
うつなのに処方されて統合失調症の薬だけど?と思いましたが、ロナセンは、抗うつ薬を処方しても、気分の落ち込みが激しい方などには積極的に処方されるそうです。
ロナセン服薬中です。他のメジャートランキライザーに比べ、「ふるえ」や「こわばり」などの副作用が改善されているので とても良いと思います。
ロナセンは「非定型抗精神病剤」で2008年発売の比較的新しい薬だそうです。家族のうつ症状が良くなっています。
副作用が軽いとのことで変えた。前薬より続けやすい。
というわけで、ロナセンの副作用と効果、リアルな体験談を集めてみました。いかがでしたでしょうか。
実際、誰でも精神科・心療内科のお薬を飲むのには不安があるものです。ここにある内容が、少しでもあなたの気持ちを安心させる手助けになっていれば幸いです。

もちろん、ここまで読まれても不安がまだある場合、必ず主治医や担当の薬剤師にご相談ください。

【2022年最新版】ロナセンの副作用と効果は?リアルな感想【ベスト5】

ちなみにもし現在、相談しやすい心療内科・精神科をお探しなら、選択肢の一つとして、ゆうメンタルクリニックはいかがでしょうか?

ゆうメンタルクリニック(心療内科・精神科)各院へのアクセス|すべての院が駅チカ!グループ全院のアクセスはこちらから!

お知らせ
引用・参照:独立行政法人 医薬品医療機器総合機構
(※掲載中のリアル体験談ですが調査・集計時と現時点とで異なる場合があり、その正確性について保証するものでもありません。情報不備などございましたら「専用フォーム」より、ご連絡ください。)