【2022年最新版】バルプロ酸ナトリウム最大の副作用は!?リアル体験談ベスト5!

【2022年最新版】バルプロ酸ナトリウムの副作用と効果は?リアルな感想【ベスト5】

バルプロ酸ナトリウムは 脳内の抑制性神経伝達物質γ-アミノ酪酸(GABA)濃度を上昇させるほか、ドパミン濃度を上昇、セロトニン代謝を促進し、抗てんかん作用を示します。また、GABA神経伝達促進作用により抗躁作用があると考えられています。通常、各種てんかん、てんかんに伴う性格行動障害(不機嫌・易怒性など)、躁病および躁うつ病の躁状態の治療に用いられます。

しかし「いい効果の他に、副作用もあるのでは?」と心配される方も多いのではないでしょうか?

まず薬剤情報としては、以下のような副作用があります。

「バルプロ酸ナトリウム」の副作用

傾眠(眠気)、吐き気・嘔吐、体重増加、失調など

では実際、ネットのリアルな体験談として、どのような副作用や効果があるのでしょうか?

具体的なリアル体験談についてまとめてみました。

バルプロ酸ナトリウムの副作用のクチコミ

バルプロ酸ナトリウムによって酷い眠気に見舞われます。朝飲んですぐ眠くなります。
服用が始まったら太り出し、10キロも太ってしまいました。
バルプロ酸ナトリウムでは 気分が悪くなることがあります。
最近手が震えます。心当たりはバルプロ酸ナトリウムで、副作用でこんなことがあるのでしょうか。
こちらを飲んでいて、眠たくて眠たくてたまりません。朝も起きられず困っています。
とはいえ、もちろん副作用だけではありません。
うまく効けば、このようないい効果があります。

こちらも具体的な体験談をまとめてみました。

バルプロ酸ナトリウムの効果のクチコミ

少しのことで怒ってしまったりして精神的な疲労が大きかったのが最近少し減ったかなと思う。
バルプロ酸ナトリウムを続けているので 双極性障害の躁状態が抑えられているかと思います。
この薬は精神的なところにも作用してくれている。
バルプロ酸ナトリウムは不安を抑えてくれるので、その為発作も減っていると思う。
眠たいことを除けば、私にはあっているようです。
というわけで、バルプロ酸ナトリウムの副作用と効果、リアルな体験談を集めてみました。いかがでしたでしょうか。
実際、誰でも精神科・心療内科のお薬を飲むのには不安があるものです。ここにある内容が、少しでもあなたの気持ちを安心させる手助けになっていれば幸いです。

もちろん、ここまで読まれても不安がまだある場合、必ず主治医や担当の薬剤師にご相談ください。

【2022年最新版】バルプロ酸ナトリウムの副作用と効果は?リアルな感想【ベスト5】

ちなみにもし現在、相談しやすい心療内科・精神科をお探しなら、選択肢の一つとして、ゆうメンタルクリニックはいかがでしょうか?

ゆうメンタルクリニック(心療内科・精神科)各院へのアクセス|すべての院が駅チカ!グループ全院のアクセスはこちらから!

お知らせ
引用・参照:独立行政法人 医薬品医療機器総合機構
(※掲載中のリアル体験談ですが調査・集計時と現時点とで異なる場合があり、その正確性について保証するものでもありません。情報不備などございましたら「専用フォーム」より、ご連絡ください。)