【2022年最新版】レボトミン最大の副作用は!?リアル体験談ベスト5!

【2022年最新版】レボトミンの副作用と効果は?リアルな感想【ベスト5】

レボトミンは神経伝達物質であるドパミンおよびセロトニンの受容体を遮断する作用があり、不安や緊張をやわらげ、気分を安定させるお薬です。通常、統合失調症、躁病、うつ病における不安・緊張の治療に用いられます。

しかし「いい効果の他に、副作用もあるのでは?」と心配される方も多いのではないでしょうか?

まず薬剤情報としては、以下のような副作用があります。

「レボトミン」の副作用

血小板減少性紫斑病(発熱、けん怠感、あおあざができる)、過敏症状、光線過敏症、肝障害(全身けん怠感、食欲不振、皮膚や白目が黄色くなる)など

では実際、ネットのリアルな体験談として、どのような副作用や効果があるのでしょうか?

具体的なリアル体験談についてまとめてみました。

レボトミンの副作用のクチコミ

レボトミンを飲んでいます。気になる副作用は口がすごく渇くことです。
レボトミンで激しい副作用が出てしまいました。眠気がひどく、飲んだらすぐ寝てしまうし朝も眠気が残って仕事にも行きかねます。眼球が動いてしまう症状も出て、医師に告げ、飲むのをやめました。
躁鬱病で処方されました。イライラして不安な状態を解消するためです。毎日使っていたら関節が痛みだしました。手作業が何一つできないほどなので服用を中止しました。
薬の副作用をあまり警戒することなく飲み始めたら、口に違和感が現れました。話しにくく舌が回りません。
眠れないのでレボトミンを睡眠補助薬として飲んでいます。最近になって手足の筋肉に小刻みな震えが出るようになってしまいました。薬の副作用でしょうか。
とはいえ、もちろん副作用だけではありません。
うまく効けば、このようないい効果があります。

こちらも具体的な体験談をまとめてみました。

レボトミンの効果のクチコミ

私は統合失調症で幻聴があり、夜眠れません。脳の興奮を鎮めて眠るために、とレボトミンを飲んでいます。
レボトミンを主治医にすすめられ飲んでいます。不安障害の症状が飲んだ時は良くなります。
昔に受けた傷のせいでストレス障害です。自傷行為してしまう自分を抑えられないので鎮静のためにこれを飲んでいます。
レボトミンは私には合っているようで精神的に大分楽になってきました。
この薬を飲んでいますが、副作用などは特に感じません。
というわけで、レボトミンの副作用と効果、リアルな体験談を集めてみました。いかがでしたでしょうか。
実際、誰でも精神科・心療内科のお薬を飲むのには不安があるものです。ここにある内容が、少しでもあなたの気持ちを安心させる手助けになっていれば幸いです。

もちろん、ここまで読まれても不安がまだある場合、必ず主治医や担当の薬剤師にご相談ください。

【2022年最新版】レボトミンの副作用と効果は?リアルな感想【ベスト5】

ちなみにもし現在、相談しやすい心療内科・精神科をお探しなら、選択肢の一つとして、ゆうメンタルクリニックはいかがでしょうか?

ゆうメンタルクリニック(心療内科・精神科)各院へのアクセス|すべての院が駅チカ!グループ全院のアクセスはこちらから!

お知らせ
引用・参照:独立行政法人 医薬品医療機器総合機構
(※掲載中のリアル体験談ですが調査・集計時と現時点とで異なる場合があり、その正確性について保証するものでもありません。情報不備などございましたら「専用フォーム」より、ご連絡ください。)