【2022年最新版】ヒルナミン最大の副作用は!?リアル体験談ベスト5!

【2022年最新版】ヒルナミンの副作用と効果は?リアルな感想【ベスト5】

ヒルナミンは脳内の神経伝達物質(主にドパミン)の受容体を遮断することで、幻覚や妄想、概念の統合障害、躁状態、強い不安感や緊張感などの精神状態を安定させる作用があります。通常、統合失調症、躁病、うつ病における不安・緊張の治療に用いられます。

しかし「いい効果の他に、副作用もあるのでは?」と心配される方も多いのではないでしょうか?

まず薬剤情報としては、以下のような副作用があります。

「ヒルナミン」の副作用

鼻閉、パーキンソン症候群〔手指振戦(手の震え)、筋強剛(筋肉のこわばり)〕、口渇、便秘、倦怠感、過敏症状、光線過敏症(日光による過度の日焼け、かゆみ、色素沈着)など

では実際、ネットのリアルな体験談として、どのような副作用や効果があるのでしょうか?

具体的なリアル体験談についてまとめてみました。

ヒルナミンの副作用のクチコミ

ヒルナミンを投与されて1週間ぐらい経った頃突然身体が重だるくなり起き上がれなくなりました。いらいらを抑え込む効果が過ぎたようでした。
不安障害で通院中です。ヒルナミンを飲んだら唾液が少なくなっているような、口が渇く感じがあります。
この薬を飲んで1日して、めまいがし、ろれつが回らなくなってしまいました。
ヒルナミンを飲んだ時、鼻が詰まり息苦しくなる副作用がありました。
ヒルナミンを使うようになって食欲が止まりません。ついつい食べてしまい太ってしまいました。
とはいえ、もちろん副作用だけではありません。
うまく効けば、このようないい効果があります。

こちらも具体的な体験談をまとめてみました。

ヒルナミンの効果のクチコミ

ヒルナミンは鎮静効果があって強い興奮を抑えつけるなどとても効果が強力なお薬のようです。
家族の興奮が強い時はヒルナミンを飲んで鎮まるようにしています。
イライラして攻撃的になってしまった時にヒルナミンを処方されました。効果を感じました。
統合失調症の家族の、陽性症状に効くと言うことで処方されています。
双極性障害です。とても不安が強い時があってヒルナミンを使っています。
というわけで、ヒルナミンの副作用と効果、リアルな体験談を集めてみました。いかがでしたでしょうか。
実際、誰でも精神科・心療内科のお薬を飲むのには不安があるものです。ここにある内容が、少しでもあなたの気持ちを安心させる手助けになっていれば幸いです。

もちろん、ここまで読まれても不安がまだある場合、必ず主治医や担当の薬剤師にご相談ください。

【2022年最新版】ヒルナミンの副作用と効果は?リアルな感想【ベスト5】

ちなみにもし現在、相談しやすい心療内科・精神科をお探しなら、選択肢の一つとして、ゆうメンタルクリニックはいかがでしょうか?

ゆうメンタルクリニック(心療内科・精神科)各院へのアクセス|すべての院が駅チカ!グループ全院のアクセスはこちらから!

お知らせ
引用・参照:独立行政法人 医薬品医療機器総合機構
(※掲載中のリアル体験談ですが調査・集計時と現時点とで異なる場合があり、その正確性について保証するものでもありません。情報不備などございましたら「専用フォーム」より、ご連絡ください。)