【2022年最新版】テトラミド最大の副作用は!?リアル体験談ベスト5!

【2022年最新版】テトラミドの副作用と効果は?リアルな感想【ベスト5】

テトラミドは脳内における神経シナプス間隙へのノルアドレナリン放出を促進することにより、うつ病・うつ状態に伴う不安、いらいら、不眠などの症状を改善するお薬です。通常、うつ病・うつ状態の治療に用いられます。

しかし「いい効果の他に、副作用もあるのでは?」と心配される方も多いのではないでしょうか?

まず薬剤情報としては、以下のような副作用があります。

「テトラミド」の副作用

眠気、口渇、めまい・立ちくらみ・ふらつき、脱力感、便秘、発疹、浮腫など

では実際、ネットのリアルな体験談として、どのような副作用や効果があるのでしょうか?

具体的なリアル体験談についてまとめてみました。

テトラミドの副作用のクチコミ

テトラミドで貧乏ゆすりが出ます。昔からの癖というわけではなく、飲み始めてからのことです。
テトラミドを飲むと眠たくてたまりません。日中も眠く車の運転はやめておかなければと思うほどで生活に支障がでます。
抗うつ作用はあるのでしょうが一日中だるいです。違う病気にかかったような状態になっていて、これでは意味がありません。
服用後、ふるえやめまい、発熱があり 早速に中止となりました。眠る効果を狙って処方されましたが、もう眠れなくてもいいので飲みません。
眠たくなる副作用を利用して睡眠剤として処方されています。毎日服用しているうちに食欲旺盛になってしまい夜寝る前にたくさん食べないと気がすみません。食欲増進の副作用もあるのでしょうか。
とはいえ、もちろん副作用だけではありません。
うまく効けば、このようないい効果があります。

こちらも具体的な体験談をまとめてみました。

テトラミドの効果のクチコミ

テトラミドを眠るために使っていました。睡眠を深くする作用があるからでした。睡眠導入剤のような依存性がないのが良かったです。
私は気分の落ち込みと夜眠れない症状だったのでテトラミドを睡眠剤と一緒にのんでいました。私には合っていて昼間眠くなったり眠りすぎる事はありませんでした。
高齢の母親に軽くうつがあり不眠を訴えるので、テトラミドが処方されました。わりとマイルドに効くそうで、安心して飲ませていました。
服用してから少しずつですけど、不安やいらいらなどが減ってきたような気がします。お薬の効果だったら嬉しいです。この調子でいけたらと思ってます。
この薬に2年ほどお世話になっています。徐々にですが元気が出てきています。
というわけで、テトラミドの副作用と効果、リアルな体験談を集めてみました。いかがでしたでしょうか。
実際、誰でも精神科・心療内科のお薬を飲むのには不安があるものです。ここにある内容が、少しでもあなたの気持ちを安心させる手助けになっていれば幸いです。

もちろん、ここまで読まれても不安がまだある場合、必ず主治医や担当の薬剤師にご相談ください。

【2022年最新版】テトラミドの副作用と効果は?リアルな感想【ベスト5】

ちなみにもし現在、相談しやすい心療内科・精神科をお探しなら、選択肢の一つとして、ゆうメンタルクリニックはいかがでしょうか?

ゆうメンタルクリニック(心療内科・精神科)各院へのアクセス|すべての院が駅チカ!グループ全院のアクセスはこちらから!

お知らせ
引用・参照:独立行政法人 医薬品医療機器総合機構
(※掲載中のリアル体験談ですが調査・集計時と現時点とで異なる場合があり、その正確性について保証するものでもありません。情報不備などございましたら「専用フォーム」より、ご連絡ください。)