【2022年最新版】グラマリール最大の副作用は!?リアル体験談ベスト5!

【2022年最新版】グラマリールの副作用と効果は?リアルな感想【ベスト5】

グラマリールは脳内のドパミン受容体を遮断して、神経に興奮性の刺激を伝達する物質(ドパミン)の働きを抑えることにより、興奮・攻撃性の症状を改善するお薬です。通常、脳梗塞後遺症に伴う攻撃的行為、精神興奮、徘徊、せん妄の改善や特発性ジスキネジアおよびパーキンソニズムに伴うジスキネジアの治療に用いられます。

しかし「いい効果の他に、副作用もあるのでは?」と心配される方も多いのではないでしょうか?

まず薬剤情報としては、以下のような副作用があります。

「グラマリール」の副作用

眠気、めまい・ふらつき、口渇、不眠、振戦、パーキンソン症候群(手足の震え、歩行障害、書字障害など)、流涎(唾液があふれ口から流れ出る状態)、発疹、かゆみなど

では実際、ネットのリアルな体験談として、どのような副作用や効果があるのでしょうか?

具体的なリアル体験談についてまとめてみました。

グラマリールの副作用のクチコミ

グラマリールを飲んだ時 振るえやパーキンソンのような動きの悪さや血圧上昇、不整脈などの副作用がありました。
パーキンソン症候群のある親が処方されましたが副作用にパーキンソンとあったので余計悪くなると思って中止を希望しました。
グラマリールは興奮を抑える薬ですが私の親は“奇異反応”が出ました。かえって異常行動や機嫌が悪くなったりしました。
私の親はグラマリールでパーキンソニズムが出ました。
この薬の服用で、ジスキネジアがあり、他の薬を使うことになりました。
とはいえ、もちろん副作用だけではありません。
うまく効けば、このようないい効果があります。

こちらも具体的な体験談をまとめてみました。

グラマリールの効果のクチコミ

興奮が強い母にグラマリールが処方されて症状が落ち着いてきました。副作用も少ないようです。
認知症の母の暴言とか徘徊が良くなってきました。
穏やかな人でしたが認知症薬のせいで易怒という副作用が出てます。そんな周辺症状のためにグラマリールを使うのだそうです。
父は認知症で興奮がひどいため、グラマリールを1日3回服用中です。
私の親は介護施設からの帰宅願望が強く、夜中のごそごそが止まらないので、眠前にグラマリールなどを服用して寝させてもらっています。
というわけで、グラマリールの副作用と効果、リアルな体験談を集めてみました。いかがでしたでしょうか。
実際、誰でも精神科・心療内科のお薬を飲むのには不安があるものです。ここにある内容が、少しでもあなたの気持ちを安心させる手助けになっていれば幸いです。

もちろん、ここまで読まれても不安がまだある場合、必ず主治医や担当の薬剤師にご相談ください。

【2022年最新版】グラマリールの副作用と効果は?リアルな感想【ベスト5】

ちなみにもし現在、相談しやすい心療内科・精神科をお探しなら、選択肢の一つとして、ゆうメンタルクリニックはいかがでしょうか?

ゆうメンタルクリニック(心療内科・精神科)各院へのアクセス|すべての院が駅チカ!グループ全院のアクセスはこちらから!

お知らせ
引用・参照:独立行政法人 医薬品医療機器総合機構
(※掲載中のリアル体験談ですが調査・集計時と現時点とで異なる場合があり、その正確性について保証するものでもありません。情報不備などございましたら「専用フォーム」より、ご連絡ください。)