【2022年最新版】アルプラゾラム最大の副作用は!?リアル体験談ベスト5!

【2022年最新版】アルプラゾラムの副作用と効果は?リアルな感想【ベスト5】

アルプラゾラムは中枢神経の興奮を抑制し、大脳皮質や大脳辺縁系の過剰な活動を抑えて、不安を和らげるお薬です。通常、心身症(胃・十二指腸潰瘍、過敏性腸症候群、自律神経失調症)の身体症候や、不安・緊張・抑うつ・睡眠障害の改善に用いられます。

しかし「いい効果の他に、副作用もあるのでは?」と心配される方も多いのではないでしょうか?

まず薬剤情報としては、以下のような副作用があります。

「アルプラゾラム」の副作用

眠気、めまい、脱力感・倦怠感、口渇、発疹、かゆみ、光線過敏性反応(光にあたった部分が赤くなる)など

では実際、ネットのリアルな体験談として、どのような副作用や効果があるのでしょうか?

具体的なリアル体験談についてまとめてみました。

アルプラゾラムの副作用のクチコミ

アルプラゾラムを1ヶ月飲んでやめたのですが、離脱症状があるのか心配です。抗不安薬は止める時が苦しいと効きます。
アルプラゾラムを飲んでから副作用なのか体のだるさがすごいです。
アルプラゾラムを飲んで、効き目が切れたときの動悸、脈拍が早くなる状態が怖かったです。続けてはいけないと思い、私は断薬できてよかったですが。気を付けた方がいいです。
アルプラゾラムの副作用は、眠気、思い出しにくさ、ふらつき、肌がピリピリして痛い、などを経験しました。
アルプラゾラムを処方されているのですが、 副作用で眠気が強く、どうしても我慢できません。
とはいえ、もちろん副作用だけではありません。
うまく効けば、このようないい効果があります。

こちらも具体的な体験談をまとめてみました。

アルプラゾラムの効果のクチコミ

仕事への緊張が強くてミスし、苦手意識ができて不安が強くなり、また失敗という悪循環が続きました。この不安感を何とかしたくて使うことになりました。落ち着いて考えられるようになってきたと思います。
アルプラゾラムは私には合っているようで、メンタル面が大分楽になってきました。
人前にたつと緊張して震えたり苦しい思いをしていた時期にアルプラゾラムを服用しました。副作用がありましたが、飲むと楽になり精神的には助けられました。
アルプラゾラムによる心身症への治療を受けるようになって症状が安定してい落ち着いてきています。
アルプラゾラムは飲むと30分ほどで効いてきます。効き目が早いと思います。
というわけで、アルプラゾラムの副作用と効果、リアルな体験談を集めてみました。いかがでしたでしょうか。
実際、誰でも精神科・心療内科のお薬を飲むのには不安があるものです。ここにある内容が、少しでもあなたの気持ちを安心させる手助けになっていれば幸いです。

もちろん、ここまで読まれても不安がまだある場合、必ず主治医や担当の薬剤師にご相談ください。

【2022年最新版】アルプラゾラムの副作用と効果は?リアルな感想【ベスト5】

ちなみにもし現在、相談しやすい心療内科・精神科をお探しなら、選択肢の一つとして、ゆうメンタルクリニックはいかがでしょうか?

ゆうメンタルクリニック(心療内科・精神科)各院へのアクセス|すべての院が駅チカ!グループ全院のアクセスはこちらから!

お知らせ
引用・参照:独立行政法人 医薬品医療機器総合機構
(※掲載中のリアル体験談ですが調査・集計時と現時点とで異なる場合があり、その正確性について保証するものでもありません。情報不備などございましたら「専用フォーム」より、ご連絡ください。)