【2022年最新版】ノバミン最大の副作用は!?リアル体験談ベスト5!

【2022年最新版】ノバミンの副作用と効果は?リアルな感想【ベスト5】

ノバミンは心の不調や不具合を調整するお薬です。神経の高ぶりや不安感をしずめ、気持ちをおだやかにします。心の病気のほか、吐き気止めとしても用いられます。

しかし「いい効果の他に、副作用もあるのでは?」と心配される方も多いのではないでしょうか?

まず薬剤情報としては、以下のような副作用があります。

「ノバミン」の副作用

過敏症状、光線過敏症(日光による過度の日焼け、かゆみ、色素沈着)、パーキンソン症候群〔手指振戦(手の震え)、筋強剛(筋肉のこわばり)〕、ジスキネジア(口の周囲の不随意運動)、ジストニア〔身体の不随意運動(身体が意思に反して動く)、筋緊張異常〕、アカシジア〔静坐不能(じっとしていられない)、足がムズムズする〕など

では実際、ネットのリアルな体験談として、どのような副作用や効果があるのでしょうか?

具体的なリアル体験談についてまとめてみました。

ノバミンの副作用のクチコミ

痛み止めと一緒に吐き気止めとしてノバミンを飲んでいましたが、長期に服用すると錐体外路の副作用が出やすくなると主治医にいわれ中止になりました。
この薬を飲んだら足がムズムズするアカシジアの副作用が出ました。
私はノバミンで手指が震える副作用が出て、慌てて主治医に報告し服用をやめました。
ノバミンを続けていたら身体がじっとしていられない、そわそわした感じ、居てもたってもいられなくなり相談したところ、副作用とわかり服用をやめました。
吐き気止めとして服用しましたがあまりおさまりませんでした。
とはいえ、もちろん副作用だけではありません。
うまく効けば、このようないい効果があります。

こちらも具体的な体験談をまとめてみました。

ノバミンの効果のクチコミ

不安症状が強いとなにも手につかなくなるのですが、お薬のおかげで大分良くなったような気もします。
総合失調症と言われ飲んでいます。症状は被害妄想でした。一緒にのんでいる薬の副作用で吐き気がひどかったのですがノバミンでましになり、人が少しずつ信じられるようになってきています。
不安に押しつぶされそうな毎日でしたが薬に頼るようになって少しましになってきています。
お薬による治療を受けています。不安と緊張でいっぱいになりパニックになってしまう傾向が良くなってきました。
ノバミンがだいぶ身体にあっているようで薬による吐き気が止まり服薬による治療ができています。
というわけで、ノバミンの副作用と効果、リアルな体験談を集めてみました。いかがでしたでしょうか。
実際、誰でも精神科・心療内科のお薬を飲むのには不安があるものです。ここにある内容が、少しでもあなたの気持ちを安心させる手助けになっていれば幸いです。

もちろん、ここまで読まれても不安がまだある場合、必ず主治医や担当の薬剤師にご相談ください。

【2022年最新版】ノバミンの副作用と効果は?リアルな感想【ベスト5】

ちなみにもし現在、相談しやすい心療内科・精神科をお探しなら、選択肢の一つとして、ゆうメンタルクリニックはいかがでしょうか?

ゆうメンタルクリニック(心療内科・精神科)各院へのアクセス|すべての院が駅チカ!グループ全院のアクセスはこちらから!

お知らせ
引用・参照:独立行政法人 医薬品医療機器総合機構
(※掲載中のリアル体験談ですが調査・集計時と現時点とで異なる場合があり、その正確性について保証するものでもありません。情報不備などございましたら「専用フォーム」より、ご連絡ください。)