【2022年最新版】リスミー最大の副作用は!?リアル体験談ベスト5!

【2022年最新版】リスミーの副作用と効果は?リアルな感想【ベスト5】

リスミーはベンゾジアゼピン系の睡眠誘導剤で、中枢神経に作用して大脳辺縁系の活動を低下させることにより、不安や緊張を和らげたり、睡眠を促します。通常、不眠症の治療や麻酔前に用いられます。

しかし「いい効果の他に、副作用もあるのでは?」と心配される方も多いのではないでしょうか?

まず薬剤情報としては、以下のような副作用があります。

「リスミー」の副作用

眠気・残眠感、倦怠感、ふらつき、発疹など

では実際、ネットのリアルな体験談として、どのような副作用や効果があるのでしょうか?

具体的なリアル体験談についてまとめてみました。

リスミーの副作用のクチコミ

リスミーは効いてくるまでに時間がかかるらしく、入眠が上手く行かない自分には合いませんでした。
母がリスミーを処方されました。高齢です。飲んで床につくのですが時々起きだしてきて朦朧とした様子で誰かそこにいるかのように話しかけたりします。一過性前向性健忘が起こっているようです。
すぐにでも眠れる効果を感じたかったのに、リスミーは身体に定着するのに時間がかかるのか今の所変化がありません。
リスミーを処方され飲んでいますが私の場合あまり効果をかんじません。
リスミーだけ飲んでいてもあまり寝付けません。
とはいえ、もちろん副作用だけではありません。
うまく効けば、このようないい効果があります。

こちらも具体的な体験談をまとめてみました。

リスミーの効果のクチコミ

中途覚醒型の不眠の私にはリスミーが合っています。
リスミーはゆっくり効いて朝まで持続するそうなので、明け方目が覚めてしまう自分も、これからはしっかり眠れるといいな、と期待しています。
「眠れない」と訴える母。副作用などの危険もあるしどの睡眠薬が合うのか調べました。リスミーが良さそうです。副作用少なく、優しいのでゆっくり改善しながら効いて行ってくれそうです。
リスミーを飲み始めは効いた感じがしなかったです。でも焦らず続けていると効果が現れはじめました。
リスミーの効果が出てきて眠れるようになり嬉しいです。
というわけで、リスミーの副作用と効果、リアルな体験談を集めてみました。いかがでしたでしょうか。
実際、誰でも精神科・心療内科のお薬を飲むのには不安があるものです。ここにある内容が、少しでもあなたの気持ちを安心させる手助けになっていれば幸いです。

もちろん、ここまで読まれても不安がまだある場合、必ず主治医や担当の薬剤師にご相談ください。

【2022年最新版】リスミーの副作用と効果は?リアルな感想【ベスト5】

ちなみにもし現在、相談しやすい心療内科・精神科をお探しなら、選択肢の一つとして、ゆうメンタルクリニックはいかがでしょうか?

ゆうメンタルクリニック(心療内科・精神科)各院へのアクセス|すべての院が駅チカ!グループ全院のアクセスはこちらから!

お知らせ
引用・参照:独立行政法人 医薬品医療機器総合機構
(※掲載中のリアル体験談ですが調査・集計時と現時点とで異なる場合があり、その正確性について保証するものでもありません。情報不備などございましたら「専用フォーム」より、ご連絡ください。)