【2022年最新版】パキシルCR最大の副作用は!?リアル体験談ベスト5!

【2022年最新版】パキシルCRの副作用と効果は?リアルな感想【ベスト5】

パキシルCRは脳内の神経伝達をつかさどるセロトニンの働きを強めることにより、抗うつ作用や抗不安作用を示し、憂うつな気持ち、突然の激しい不安、強迫観念、人前での過度な緊張などの症状を改善するお薬です。通常、うつ病・うつ状態の治療に用いられます。

しかし「いい効果の他に、副作用もあるのでは?」と心配される方も多いのではないでしょうか?

まず薬剤情報としては、以下のような副作用があります。

「パキシルCR」の副作用

吐き気、眠気、口渇、便秘など

では実際、ネットのリアルな体験談として、どのような副作用や効果があるのでしょうか?

具体的なリアル体験談についてまとめてみました。

パキシルCRの副作用のクチコミ

パキシルCRで経験した私の副作用は眠気です。
この薬を飲んだ時おなかがこわれました。特に痛みとかはない下痢でした。ずっと続いたわけではないですが…。
対人恐怖症と診断されパキシルCRが処方されました。自分ではそんなにうつではないと思うのですがこれを飲むようにとのことです。薬のせいか眠気が出ています。我慢はできるので続けてみます。
人前に出る時の緊張を抑えられず、薬に頼ることにしました。昼間に眠気がきます。もともと眠たい性分ですがこれは薬の影響と思えます。
過去、パキシルでずごい吐き気がありました。パキシルCRではそこまでひどくはないですがやはり時々吐き気がします。
とはいえ、もちろん副作用だけではありません。
うまく効けば、このようないい効果があります。

こちらも具体的な体験談をまとめてみました。

パキシルCRの効果のクチコミ

パキシルCRは、胃ではくすりが溶け出さないようにできていて、腸でゆっくりと溶けていく薬。吐き気や下痢といった副作用が軽いそうで、嘔吐しやすい私にはありがたい薬です。
パキシルからパキシルCRに変わった時、効きが悪いように思いました。でもCRの方は定着するのに時間がかかると言われていたのでゆっくり待とうと思いました。確かに徐々に効いてきています。
頭のかすみが取れて、考えに集中出来ます。仕事が順調です。
とにかく今まで副作用に苦しんできた私は、この薬に期待大でした。そしてその通り今現在副作用が起こっていません
これを飲み始めて、服用して気分の波が減ってきました。パニックも起こさなくなってきて希望が持てます。
というわけで、パキシルCRの副作用と効果、リアルな体験談を集めてみました。いかがでしたでしょうか。
実際、誰でも精神科・心療内科のお薬を飲むのには不安があるものです。ここにある内容が、少しでもあなたの気持ちを安心させる手助けになっていれば幸いです。

もちろん、ここまで読まれても不安がまだある場合、必ず主治医や担当の薬剤師にご相談ください。

【2022年最新版】パキシルCRの副作用と効果は?リアルな感想【ベスト5】

ちなみにもし現在、相談しやすい心療内科・精神科をお探しなら、選択肢の一つとして、ゆうメンタルクリニックはいかがでしょうか?

ゆうメンタルクリニック(心療内科・精神科)各院へのアクセス|すべての院が駅チカ!グループ全院のアクセスはこちらから!

お知らせ
引用・参照:独立行政法人 医薬品医療機器総合機構
(※掲載中のリアル体験談ですが調査・集計時と現時点とで異なる場合があり、その正確性について保証するものでもありません。情報不備などございましたら「専用フォーム」より、ご連絡ください。)