【2022年最新版】アタラックスP最大の副作用は!?リアル体験談ベスト5!

【2022年最新版】アタラックスPの副作用と効果は?リアルな感想【ベスト5】

アタラックスPはアレルギーを起こす物質の働きを抑える作用と、中枢神経抑制作用による静穏効果を示します。通常、じんましんや皮膚疾患に伴うかゆみ、また神経症に伴う不安・緊張・抑うつの治療に用いられます。

しかし「いい効果の他に、副作用もあるのでは?」と心配される方も多いのではないでしょうか?

まず薬剤情報としては、以下のような副作用があります。

「アタラックスP」の副作用

眠気、けん怠感、口渇、紅斑(滲出性、浮腫性を含む赤い発疹)、かゆみ、じんましん、発疹など

では実際、ネットのリアルな体験談として、どのような副作用や効果があるのでしょうか?

具体的なリアル体験談についてまとめてみました。

アタラックスPの副作用のクチコミ

ぼーっとした感じがけっこう残るため、あまり頻繁には使えません。
アタラックスPを服用したら口がとても渇きました。
飲むとぼんやりして私の体質にはアタラックスPはあまり合っていないようです。
この薬を飲んだら身体が重く、だるくボーっとしました。
アタラックスPで昼間にも眠気が残りすぎ、困っています。
とはいえ、もちろん副作用だけではありません。
うまく効けば、このようないい効果があります。

こちらも具体的な体験談をまとめてみました。

アタラックスPの効果のクチコミ

アタラックスPはアレルギーにはもちろん、気持ちも鎮めてくれて眠れない時に最適です。
ストレスのせいか最近眠りが浅く、アタラックスPを飲みました。花粉症にも効き助かります。
私はアタラックスPと相性が良いみたいでぐっすり眠れるようになりました。
アタラックスPはかゆみで眠れない時に飲んでます。眠くなってかゆみも去ります。
落ち着かない時に内服すると気持ちがリラックスし安定します。
というわけで、アタラックスPの副作用と効果、リアルな体験談を集めてみました。いかがでしたでしょうか。
実際、誰でも精神科・心療内科のお薬を飲むのには不安があるものです。ここにある内容が、少しでもあなたの気持ちを安心させる手助けになっていれば幸いです。

もちろん、ここまで読まれても不安がまだある場合、必ず主治医や担当の薬剤師にご相談ください。

【2022年最新版】アタラックスPの副作用と効果は?リアルな感想【ベスト5】

ちなみにもし現在、相談しやすい心療内科・精神科をお探しなら、選択肢の一つとして、ゆうメンタルクリニックはいかがでしょうか?

ゆうメンタルクリニック(心療内科・精神科)各院へのアクセス|すべての院が駅チカ!グループ全院のアクセスはこちらから!

お知らせ
引用・参照:独立行政法人 医薬品医療機器総合機構
(※掲載中のリアル体験談ですが調査・集計時と現時点とで異なる場合があり、その正確性について保証するものでもありません。情報不備などございましたら「専用フォーム」より、ご連絡ください。)