【2022年最新版】ドラール最大の副作用は!?リアル体験談ベスト5!

【2022年最新版】ドラールの副作用と効果は?リアルな感想【ベスト5】

ドラールはベンゾジアゼピン1受容体に作用し、覚醒系を抑え、睡眠に関係する神経系を刺激して、催眠鎮静作用を示します。通常、不眠症の治療、麻酔前投薬に用いられます。

しかし「いい効果の他に、副作用もあるのでは?」と心配される方も多いのではないでしょうか?

まず薬剤情報としては、以下のような副作用があります。

「ドラール」の副作用

眠気・傾眠、浮動性めまい、ふらつき、吐き気、頭重感、けん怠感など

では実際、ネットのリアルな体験談として、どのような副作用や効果があるのでしょうか?

具体的なリアル体験談についてまとめてみました。

ドラールの副作用のクチコミ

処方時に、効果が強くなるので食後に飲んではだめで、必ず眠前に飲むよう言われました。つい食事あとに飲んでしまった時、やはり翌朝の倦怠感や眠気がひどくなりました。
ドラールを使ったことがありますが、長く効くタイプなので朝に起きることが出来ず、昼頃まで寝てしまいました。昼間仕事のある方などは大変かもしれません。
ドラールを飲み、吐き気がしとても気分が悪くなった経験があります。
ドラールは作用時間が長い分、日中眠気が残って転倒したりふらついたりします。
ドラールの副作用は翌日ぼんやりすることでした。
とはいえ、もちろん副作用だけではありません。
うまく効けば、このようないい効果があります。

こちらも具体的な体験談をまとめてみました。

ドラールの効果のクチコミ

ドラールは私の不眠のタイプにぴったりで、ぐっすり眠れて熟眠感を得られます。
いろいろな睡眠薬で副作用につらい思いをしましたが、ドラールにしてからはふらつきや健忘が少ないので助かっています。
ドラールは起きた時や午前中の眠気やだるさもなく、快適に仕事を続けられています。
不安障害から寝られなかったのですが、ドラールは夜の眠りを改善してくれますし、昼の不安の軽くしてくれます。
ドラールは他の睡眠導入剤に比べて依存が少ないと聞いています。
というわけで、ドラールの副作用と効果、リアルな体験談を集めてみました。いかがでしたでしょうか。
実際、誰でも精神科・心療内科のお薬を飲むのには不安があるものです。ここにある内容が、少しでもあなたの気持ちを安心させる手助けになっていれば幸いです。

もちろん、ここまで読まれても不安がまだある場合、必ず主治医や担当の薬剤師にご相談ください。

【2022年最新版】ドラールの副作用と効果は?リアルな感想【ベスト5】

ちなみにもし現在、相談しやすい心療内科・精神科をお探しなら、選択肢の一つとして、ゆうメンタルクリニックはいかがでしょうか?

ゆうメンタルクリニック(心療内科・精神科)各院へのアクセス|すべての院が駅チカ!グループ全院のアクセスはこちらから!

お知らせ
引用・参照:独立行政法人 医薬品医療機器総合機構
(※掲載中のリアル体験談ですが調査・集計時と現時点とで異なる場合があり、その正確性について保証するものでもありません。情報不備などございましたら「専用フォーム」より、ご連絡ください。)