【2022年最新版】デプロメール最大の副作用は!?リアル体験談ベスト5!

【2022年最新版】デプロメールの副作用と効果は?リアルな感想【ベスト5】

デプロメールは脳内のセロトニン取り込みを阻害することにより、ゆううつな気持ちや落ち込んでいる気分を和らげるお薬です。通常、うつ病・うつ状態、強迫性障害、社会不安障害の治療に用いられます。

しかし「いい効果の他に、副作用もあるのでは?」と心配される方も多いのではないでしょうか?

まず薬剤情報としては、以下のような副作用があります。

「デプロメール」の副作用

吐き気、眠気、口渇、便秘、倦怠感、めまいなど

では実際、ネットのリアルな体験談として、どのような副作用や効果があるのでしょうか?

具体的なリアル体験談についてまとめてみました。

デプロメールの副作用のクチコミ

デプロメールだけでは夜中に起きてしまう私の中途覚醒は治らないので、他の薬も併用することになりました。
家族が飲んでいます。1日3回飲むようにとのことですが、服用回数が多いと本人の飲み忘れがどうしてもあり、チェックして飲ませるので大変です。
デプロメールを飲み始めてから自分が無気力な気がします。ボーっとして力も抜けた感じです。
私の場合は薬の服用により食欲が全くなくなり、体重が落ちました。次第に改善はしましたが…。
デプロメールを飲むと決まって悪い夢をみます。こんな副作用があるのでしょうか。
とはいえ、もちろん副作用だけではありません。
うまく効けば、このようないい効果があります。

こちらも具体的な体験談をまとめてみました。

デプロメールの効果のクチコミ

この薬はセロトニンだけを増やしてうつに効くお薬なので、従来の抗うつ剤と比べて副作用が少ないそうです。効き目マイルドでかまわないので使ってみようと思いました。
家族の強迫性障害に効果がありました。症状が落ち着いてきています。
デプロメールは認知機能に影響しないといわれ、高齢の父に処方になっています。落ち込んでつらそうな状態が少なくなりましたし、良かったです。
うつ病になってから肩こり頭痛に悩んでいましたが、薬を続けるうちに良くなってきました。
この薬を使用し始めて自信が出てきました。気分的に明るくなれる日が増えました。
というわけで、デプロメールの副作用と効果、リアルな体験談を集めてみました。いかがでしたでしょうか。
実際、誰でも精神科・心療内科のお薬を飲むのには不安があるものです。ここにある内容が、少しでもあなたの気持ちを安心させる手助けになっていれば幸いです。

もちろん、ここまで読まれても不安がまだある場合、必ず主治医や担当の薬剤師にご相談ください。

【2022年最新版】デプロメールの副作用と効果は?リアルな感想【ベスト5】

ちなみにもし現在、相談しやすい心療内科・精神科をお探しなら、選択肢の一つとして、ゆうメンタルクリニックはいかがでしょうか?

ゆうメンタルクリニック(心療内科・精神科)各院へのアクセス|すべての院が駅チカ!グループ全院のアクセスはこちらから!

お知らせ
引用・参照:独立行政法人 医薬品医療機器総合機構
(※掲載中のリアル体験談ですが調査・集計時と現時点とで異なる場合があり、その正確性について保証するものでもありません。情報不備などございましたら「専用フォーム」より、ご連絡ください。)