「プチうつ」から一瞬で立ち直る、魔法の鼻息とは!?~横浜心療内科コラム

ここでは皆さんの気持ちを楽しくしたり、楽しくしたり、もしくは前向きにしたり…
そんなようなお話ができたらな、と思っています。

さて、こちらでは悩み相談やご質問を募集しているのですが、少し前にこんなご相談をいただきました。

「自分はマイナスのイメージにハマってしまうと、エンドレスになってなかなか抜けられなくなってしまいます。こういった時どうしたらいいでしょうか?」

実際に、多くの人がマイナスなイメージにハマってしまう、という経験をしたことがあると思います。
これはうつや落ち込みの原因にもなりえます。

自分自身も同じような経験をしたことがあります。
疲れたときやたまに風邪を引いたときなどに
「あぁ、なんであんなことしちゃったんだろう」
「何であんな人がいるんだろう」

など、マイナスのイメージにとりつかれることがありました。

このようなネガティブなイメージから、どういうふうに抜け出したらいいか。
いろんな方法がありますが、今すぐ実行できる、簡単な方法があります。
それこそが『鼻で笑うこと』です!

隠されたイメージ

鼻で笑うという行為は、大人になればそうそうなく、マンガの中ぐらいでしか見ることがないかもしれませんね。例えばお嬢様キャラもしくは生徒会長キャラなど、インテリ的・偉そうな人が
「フン!そんなバカなことがあるわけないだろう」
「フン!ふざけないでくださいませ」

なんて風に言っているのを見られたことはあるのではないでしょうか。

この「フン!」を、ネガティブなイメージにハマりそうな時にやってみるのです。
例えば「あぁ、どうしてあの時・・・フン!」という感じですね。
そんなに目立たないため、特に一人だったら絶対に出来ますし、外を歩いてても、職場で仕事してても出来ると思います。

そのフン!に隠されたイメージは何かというと
「フン!くだらない」
「フン!その程度か」

というワードです。

過去のこととか、ネガティブなイメージにハマってしまい、不幸で不幸でしょうがないと思った時
「フン!この程度の不幸か」
と頭の中で思えるわけです。

動作と感情はつながっている!

人間は動作によって感情を左右されるところがあります。
例えば、強引でも笑うとちょっとだけ楽しく思えてくるとか、
体を全力で動かして踊るとちょっと前向きな気持ちになるなどです。
ウハウハとアホみたいな踊りをしながら
「どうして俺は…。」とネガティブに悩むことは出来ませんよね。
ネガティブな悩みにとらわれてしまうとき、人はそれにふさわしい行為やポーズを必ず取っています。

そのため悩みそうなときは踊ることがおすすめですが、なかなか社会的に実行するのが難しい場面もあるでしょう。よって、「フン!」をやっていただくのを全力でおすすめします。
マンガの強気なキャラのような行動を取ることによって、それをしている間は悩みを忘れることができます。

鼻息で冷静になる

そしてもう一点「フン!」の役割として重要なのは「マインドフルネス」です。
人間は「今ここ、この瞬間」に集中することによって、悩みから一旦離れて気持ちが冷静になることができます。

実際の行動の一つに、深呼吸をするとか、呼吸に集中する方法があるのですが
フン!という行為も、呼吸に集中しているといえます。
そのため悩みから一旦離れて冷静な自分を取り戻すことが出来るので、気持ちをラクにすることができます。

1回やってもネガティブになるようでしたら、またもう1回「フン!」と繰り返してみましょう。
ぜひ試してみていただければと思います。

ここまで読んでくださって、本当にありがとうございました。

(完)

音声で聞きたい方はこちらから「Voicy/「プチうつ」から一瞬で立ち直る、魔法の鼻息とは!? 」

官越 いやし|ゆうメンタルクリニック横浜院

ゆうメンタルクリニック横浜院は、診察を『24時間・365日』受け付けております!
どんなお悩みも、お気軽にご相談ください。


診察を申し込む

こちらのお申し込みはご希望のお時間を確約するものではありません。
混雑具合によってはお時間ずれ込む可能性もありますので、余裕をもってお越しください。

監修・制作

このページは、ゆうメンタルクリニックの医師・スタッフが監修・制作しております。

特別監修・ゆうきゆう
精神科医、心理学者。
東京大学医学部医学科を卒業後、うつ病・統合失調症・てんかん・パニック障害・社交不安障害・不眠症など多くの疾患の治療を行い、2008年よりゆうメンタルクリニックを開院。
『マンガで分かる心療内科』の他、100冊以上の著作があります。

ゆうきゆうプロフィール

運営
取材依頼専用フォーム」よりご連絡ください。
連絡先専用フォーム」よりご連絡ください。