「自信」をマグマのように湧き上がらせて、魅力を5倍にする方法~横浜心療内科コラム

ここでは皆さんの気持ちをラクにしたり、楽しくしたり、もしくは前向きにしたり…
そんなようなお話ができたらな、と思っています。

皆さんは「自信を持ちたい」と思いますか?

どんな人も、自分に対して自信・ポジティブな気持ちを持ちたいと思っているでしょう。
今回はそのための、簡単に日々実践できるテクニックをお教えします。

人は飢えている?

誰もがほめられると自信が湧くと思います。
カッコいいね!とか
いつも頑張っているねとか
言葉は何でもいいですが、うれしくなって自信が湧いてきますよね。

しかしながら、ほめてくれる人というのはなかなかいません。
そのため、人はほめ言葉に飢えています。
そして人によっては他人にこびてしまったり、人に好かれるように頑張ろうとします。

しかし、人からのほめ言葉を待っていると、いくら命があっても足りません。
周囲に食べ物をください、とお願いしているようなものなので、どこまでいっても飢え続けるだけの人生になってしまいます。

そこで、答えは一つ。
自分で作って自分で食べる、「自給自足」です。
すなわち自分で自分をほめるのです!
これができると、自分に自信が湧いてきて、余った分、他の人にも分けられる人になれます。

キーワードは「鏡」

思いつくたびに「俺カッコいい!」などとほめていただいても構いませんが
なかなか習慣にするのは難しいかもしれません。

ここで個人的にオススメするのはです。
鏡を見るたびに、自分をほめるのです。

鏡を見ると、自分と目が合いますね。
そしたら、何でもいいからほめてみましょう。
「カッコいい!」とか
「今日もいいね!」など
アバウトでOKです。

そうすると、鏡の向こうの人間が自分に語りかけてくるような気持ちになり、
主観・客観どっちも満たせる=ほめるとほめられる、どちらの行動も行うことになります。
すると、深い自己暗示にかかることも可能です。

特に朝一、起き抜けに鏡をみるときは大変有効です。
なぜなら、まだ頭がぽやっとしているので暗示にかかりやすいからです。
朝一にやるだけでも、その日一日自信が無意識に湧いてきます。

また「いつでもやってOK」と言うと忘れてしまうので、鏡を見た時だけ思い出すようにするのが良いでしょう。
たとえば日中は、トイレに立つときや鏡を見るたびに思い出して実行できます。
鏡がキーワードになり、忘れずに実行できるようになります。

それでもほめ言葉を自分に向けるのはやりづらい、という人は
鏡の自分に向かって、ニコッと笑うだけでも構いません。
笑顔を見せる、それだけでも楽しい自分を演出できるので、ポジティブなムードを生み出すのに役立ちます。

鏡をキーワードにしてほめる、笑う。
これを暗示のようにやっていただくと、最終的に自信につながります。
そして自信に満ち溢れると他人にも笑いかけやすいし、ほめ言葉を言いやすくなります。
すると周囲の人も、「この人と一緒にいるとうれしくなるな」と感じ、よりポジティブな対応をしてくれるようになります。
このように実践いただくと、人生得をできるようになるといっても良いでしょう。

何か少しでも参考になれば幸いです。
ここまで読んでくださって、本当にありがとうございました。

(完)

音声で聞きたい方はこちらから「Voicy/「自信」をマグマのように湧き上がらせて、魅力を5倍にする方法」

官越 いやし|ゆうメンタルクリニック横浜院

ゆうメンタルクリニック横浜院は、診察を『24時間・365日』受け付けております!
どんなお悩みも、お気軽にご相談ください。


診察を申し込む

こちらのお申し込みはご希望のお時間を確約するものではありません。
混雑具合によってはお時間ずれ込む可能性もありますので、余裕をもってお越しください。

監修・制作

このページは、ゆうメンタルクリニックの医師・スタッフが監修・制作しております。

特別監修・ゆうきゆう
精神科医、心理学者。
東京大学医学部医学科を卒業後、うつ病・統合失調症・てんかん・パニック障害・社交不安障害・不眠症など多くの疾患の治療を行い、2008年よりゆうメンタルクリニックを開院。
『マンガで分かる心療内科』の他、100冊以上の著作があります。

ゆうきゆうプロフィール

運営
取材依頼専用フォーム」よりご連絡ください。
連絡先専用フォーム」よりご連絡ください。