過労死は労災として認められにくくなっているという話~横浜心療内科マンガ

身体疾患での死亡でも、精神疾患による自殺でも、毎年100件前後が労災(過労死)認定されています。
過労」と判断される一つの基準として「時間外労働が80時間以上」と時間が目安とされているように、勤務時間や作業の内容は疲労と密接に関わっています。
まず自分でできることとして大切なのは、疲れない働き方を学ぶことです。

「チクタクテクニック」についてはコチラから。

上記のマンガも掲載している、「マンガで分かる心療内科19巻 ゲーミフィケーション編」発売中です!

マンガで分かる心療内科19巻「ゲーミフィケーション編」

「マンガで分かる心療内科」、WEB版のバックナンバーはこちらです。↓

ここまで読んでくださって、本当にありがとうございました。