この瞬間から人生をゲームのように楽しむ究極の技術!~横浜心療内科コラム

ここでは皆さんの気持ちをラクにしたり、楽しくしたり、もしくは前向きにしたり…
そんなようなお話ができたらな、と思っています。

自分には常々研究しているテーマがあるのですが、それこそが
「ゲームは楽しいのに、どうして人生はゲームほど楽しくない、という人がたくさんいるのか?」
ということです。

もちろん、「人生楽しい!ゲーム以上だ!!」と思っている人もいるでしょう。
しかし、「ゲームの方が楽しい!人生なんてつまらない!」という人ももちろん多いと思います。

本当に人生が超大人気ゲームくらい面白いものでしたら、自殺する人やうつになる人は一切いないでしょう。
毎日みんな一生懸命働いて、一生懸命日々を楽しんだりできると思うんです。

でも現実は悲しいことに、自殺される方・うつになる方、もしくは会社に行きたくない、勉強したくない、というように人生に絶望する方がいます。

例えばドラクエに絶望したり、プレイするたびにうつになる人なんていないでしょう。
もちろんイヤな気持ちになることもあるかもしれませんが、どんなにイラっとくることがあっても、最終的にやっぱり楽しくて夢中になりますよね。

ではそれと人生の差は何なのでしょうか。

色々な面があるとは思いますが、一つ重要なことがあります。
それを今回お伝えしたいと思います。

ゲームにあって、人生にないもの

ゲームは明確にパラメーターもしくは点数が出ます。
そして敵を倒せば、確実に経験値が一つ上がります。

しかしながら人生にはその明確なものがありません。
ゲームのように知力、体力、レベルが明確に上がった!下がった…ということが起こりえないのです。

例えば身長は数字で表せますが、このパラメーターはそうそう変わりません。
強いて言えば年収は数字が変わりますが、そんなにすぐ年収は上下しませんし
努力に比例してすぐに変化するものでもありません。

このようにパラメーターが明確になく、明確な上下がないということが
人生がゲームほど楽しくない一つの原因だと考えられます。

ではどうすれば良いのでしょうか。
答えは、実はシンプルです。

人生においても明確なパラメーター、明確な自分自身の状態というものをはっきりと知ることです。
いくつでもいいので、自分のパラメーターはどのくらいかを明確に知る、というのも一つの手です。

パラメーターの設定方法3選

色々ありますが、例えば運動というのもアリでしょう。

運動を日常的に行っていると、鏡の前に立って自分の体型がどう変わったのかとか、体重や体脂肪がどう変わったかというのを見るようになりますよね。
運動をずっと続けていけば、速度の遅い早いはあれども、多少なりとも体型が引き締まっています。
体の変化が数字や見た目に出くるのです。

自分のパラメーターが明確に分かってきて、その変化がある。
すなわち生きている価値、行動によって自分が変わったというのが分かりやすくなるため、ゲームのパラメーターに近く、気持ちが活性化するのではないでしょうか。
これが、運動するとうつになりづらい・気持ちが持ち上がると言われる要因の一つだと考えられます。

他にもオススメなのは、定期的な試験を受けることです。

例えば英語の勉強をしたいと思うのならば、半年に一度試験を受けてみましょう。
定期的に試験を受けることによって点数を明確に把握できます。

そしてずっと続けていけば、多少上下はあっても点数は上がっていくため、ゲームの経験値のようなものに近づきます。
そして気持ちを活性化することも可能です。

「英語をすぐに話せる」という内容の本を読んだことがあるのですが、
そこには「月に一度スピーキングテストを受けなさい」と書いてありました。

明確に自分の客観的な状態を知るということは、何より重要です。
漠然と勉強しているより、自分のパラメーターを把握できるため、励みになるのです。

または、副業をやってみるのも手です。
普通、会社で働いていますと、色々な人からの評価が関わってきて、年収が即変わるものではありません。
一方副業なら、何か売る・ブログを書くなど、自分ひとりで行えます。
また、自分の努力が反映される明確なパラメーターも生まれます。

これらの要素によって、気持ちを変化させやすくやりがいにつながっていくと言えるでしょう。

というわけで人生をゲームのように楽しむために、何かヒントになることがあれば幸いです。
ここまで読んでくださって、本当にありがとうございました。

(完)

音声で聞きたい方はこちらから「Voicy/この瞬間から人生をゲームのように楽しむ究極の技術!」

官越 いやし|ゆうメンタルクリニック横浜院

ゆうメンタルクリニック横浜院は、診察を『24時間・365日』受け付けております!
どんなお悩みも、お気軽にご相談ください。


診察を申し込む

こちらのお申し込みはご希望のお時間を確約するものではありません。
混雑具合によってはお時間ずれ込む可能性もありますので、余裕をもってお越しください。

監修・制作

このページは、ゆうメンタルクリニックの医師・スタッフが監修・制作しております。

特別監修・ゆうきゆう
精神科医、心理学者。
東京大学医学部医学科を卒業後、うつ病・統合失調症・てんかん・パニック障害・社交不安障害・不眠症など多くの疾患の治療を行い、2008年よりゆうメンタルクリニックを開院。
『マンガで分かる心療内科』の他、100冊以上の著作があります。

ゆうきゆうプロフィール

運営
取材依頼専用フォーム」よりご連絡ください。
連絡先専用フォーム」よりご連絡ください。