感情コントロールの秘訣は「ジョジョ」第四部に学べ!

さて、皆さんは自分の感情のコントロールをしたいと思いますか?
イライラしてしまったり、誰かを怒りたくなったり、泣けてきたり、過去のネガティブな思いにとらわれてしまったり…。

そういったときにどのように感情をコントロールしていくか、今回はお話しします。

ジョジョに学ぶ「対処法」

まず本題の前に『ジョジョの奇妙な冒険』というマンガのお話をしたいと思います。
自分自身この作品のシリーズが本当に好きで、長期的に読んでます。

知らない方のために一言で説明すると、「スタンド」と呼ばれる超能力を使ってキャラクターたちが戦うマンガです。
そして今回紹介したいのは、第四部の中に登場するストーリーです。

ここでは、動く水を使う殺人鬼と、何でも直すことができる主人公が戦います。
この主人公は、例えば壊れた部品やケガをした人間を治すことができますが、唯一自分のケガは治せません。
そして水の超能力をもつ殺人鬼は、相手の体内に水の人形を入り込ませ、体内から相手の体を壊すというのを得意技としています。

そしてストーリ―中では、水の人形が主人公の口の中に入ってしまいます。

この状況に
「ヤバい!これは絶体絶命だ!」
と誰もが思うはずですが、実は主人公は相手の攻撃に対処することができました。

その方法とは、あらかじめゴム手袋を砕いて飲み込んでおき、そのゴム手袋を自分の超能力で元の形に体内で直すと同時に、敵を手袋の中にしまい込み、吐き出してやっつけるというもの。

実は感情をコントロールするというのは、この主人公の戦い方と似ています。
自分の中の暴れる感情を、ゴム手袋でつかんで出すというイメージを持ってみるのです。

感情はゴム手袋でつかめ!

泣いている人や怒っている人は、自分自身が悲しんでいること、怒っていることすら認識しないまま、感情に踊らされています。
そしてこれらの感情が暴れるのを放っておけば、心の中がズタズタになってしまいます。
状況を変えるためには、ゴム手袋に包むように「怒りだ」「悲しみだ」と感情を認識することが重要です。

具体的な方法は、次の通りです。

まず、心の中で抱いた感情を、客観的にイメージして名前をつけます。
例えば過去にとらわれていたら「また『過去ちゃん』にやられてる」とか、
イライラしていると思ったら、「自分の中で、『イライラくん』が暴れている」
というように冷静かつ客観的にイメージしてみます。
すると、一段落ち着いてその感情を見つめることができるようになります。

そしてジョジョの主人公のように、ゴム手袋で感情をギュッとつかんで、動けなくするシーンをイメージしてみましょう。
そうするとネガティブな感情を明確に認識し、冷静に対処しやすくなりますよ。

というわけで、何か少しでも参考になることがあれば幸いです。
ここまで読んでくださって、本当にありがとうございました。

(完)

音声で聞きたい方はこちらから「感情コントロールの秘訣は「ジョジョ」第四部に学べ!

    うつをラクにする「プチうつ」マンガ

オンラインカウンセリング【iカウンセラー】お近くにメンタルクリニックがなくても、自宅から安心してカウンセリング!深夜2時まで受けられる!あなたの「つらい」を経験豊富なカウンセラーがしっかりケア
官越いやし|ゆうメンタルクリニック心療内科・精神科

ゆうメンタルクリニックは、診察を『24時間・365日』受け付けております!
どんなお悩みも、お気軽にご相談ください。


診察を申し込む

こちらのお申し込みはご希望のお時間を確約するものではありません。
混雑具合によってはお時間ずれ込む可能性もありますので、余裕をもってお越し下さい。

監修・制作

このページは、ゆうメンタルクリニックの医師・スタッフが監修・制作しております。

特別監修・ゆうきゆう
精神科医、心理学者。
東京大学医学部医学科を卒業後、うつ病・統合失調症・てんかん・パニック障害・社交不安障害・不眠症など多くの疾患の治療を行い、2008年よりゆうメンタルクリニックを開院。
『マンガで分かる心療内科』の他、100冊以上の著作があります。

ゆうきゆうプロフィール

運営
取材依頼専用フォーム」よりご連絡ください。
連絡先専用フォーム」よりご連絡ください。