「生理カップ」ってご存じですか? 新時代の生理用品はこれからの女子を救うのです

黒人の女の子たちが手にしているもの、なんだかご存じですか?

これは「生理カップ」といって、月経時ナプキンやタンポンの代わりに、膣に挿入し経血を貯めて使用するシリコン製品です。

経済的な理由で生理用品が買えない家の女子は、整理期間中の1週間近くも学校を欠席しなくてはなりませんでした。

女子の教育機会を守るためアフリカのマラウイでは、繰り返し使えるこの「生理カップ」を女子生徒に配布しました。

これによって女の子たちは、生理中でも学校に通うことができるようになったのです。

この生理カップ、欧米では1980年代から市場に出回りはじめました。
日本では2017年、初の国産カップである「ローズカップ」が販売されています。

「生理カップ」使用だとナプキンのようにごみも出ず、何年も使用できるので、環境面においてもさらに注目されています。

コメント

・「韓国の女のこたちの間で流行っているって聞いたことがあります!
でもなんか怖いですよね…大丈夫なのかな…?」
・「ヨガもできるし、泳げるし、蒸れないし、しかも経済的!っていうのなら、ちょっと試してみようかな!」

今後は、生理用品といったら「生理カップ」! というような時代になるのでしょうか。


参考サイト

https://www.bbc.com/japanese/video-48429852

監修 ゆうメンタル・スキンクリニックグループ 医師

制作 ゆうメンタル・スキンクリニック・ニュースメディア事業部

官越いやし|ゆうメンタルクリニック心療内科・精神科

ゆうメンタルクリニックは、診察を『24時間・365日』受け付けております!
どんなお悩みも、お気軽にご相談ください。


診察を申し込む

こちらのお申し込みはご希望のお時間を確約するものではありません。
混雑具合によってはお時間ずれ込む可能性もありますので、余裕をもってお越し下さい。