心理学的にヤセる人、太る人の決定的な差。

◆ ジムで気づいた恐るべき法則

こんにちは。ゆうきゆうです。
最近よくジムに行って運動したりしています。

ジムには入浴設備があって利用するのですが、そこには「体重計」が置いてあります。

ここで、面白いことに気づきました。

ジムに来る人には、さまざまな体型の人がいます。
マッチョの人、ヤセている人、または太っている人などなど。

そしてマッチョに近い人ほど、よく体重を測っています。

しかし太っている人は、まったくと言っていいほど、体重計に乗らないのです。

何でだろう、と思っていたのですが、つい最近、答えが分かりました。

太っている人は、
「太っているから、体重計に乗らない」のではなく。
「体重計に乗らないから、太っている」のではないかと。

◆ 記録するだけでヤセる!?

以前に「レコーディング・ダイエット」という言葉が流行したことがあります。

ダイエットにはたくさんの種類がありますが、そのダイエットは、文字通り「記録する(レコードする)」というだけ。
自分の体重や食事などのデータをただ記録し続けるだけで、ダイエットできる、というわけです。

実際、よく「○○するだけダイエット」が流行します。
やはりダイエットをしたい人は、「ラクをしたい」と思うようで「○○するだけ」という名称は魅力的なのかもしれません。

とはいえそんなウマい話はそうそうないようで、大半の「○○だけダイエット」は、続かなかったり、効果もそこまでではないことが多いようです。

しかしこの「レコーディング・ダイエット」は効果は高いようで、多くの人が体重を減らしたようです。
もちろん、測定すらも面倒くさくなってやめちゃう人は続かないわけですが…。

ではこのレコーディング・ダイエット、どうして効果があったのでしょうか。

◆ 意識で行動が変わる?

心理学的には、人間は「何かに意識を向け続けると、気持ちや行動が変化してくる」と言われています。

たとえば「健康診断が近づくと、健康的な食事を意識する」人は多いですね。
これは健康診断が近づくことで、「健康」を意識し、せめて食事だけでも変えておこう、と思うわけです。

よって体重や食事などを記録させることで、毎日「記録するからにはせめて良いデータにしたい」と思い始め、食事や運動に気をつけようとする…と思うのです。

他にも試験があったとします。
その試験を「ただ受けっぱなし」にするより、
「点数を毎回部屋に貼り続ける」とした場合。やはり成績は上がっていきやすくなるはずです。

これは点数を測定し、なおかつ部屋に貼ることで「ヘンな点数を取ったら恥ずかしい」「良い点数ならより誇らしい」と意識させ、勉強時間に変化を起こさせるからです。

◆ まずは記録すること。

よってみなさんも、何か「行動を良い方向に変えたい」と思うのなら、とにかくまず「記録する」ことから始めること。

たとえば自分はFocus To-Doというアプリを使用しています。
これは自分の作業時間を測って、記録として残してくれます。

よって「こんなに時間がかかってしまった、もっと集中しよう」とか「今日はこれしか勉強していない」など、あとから考えることができます。
その結果、より仕事や勉強時間が濃密になるわけです。

◆ 落ち込みがちな人のワナ。

また精神科医として診察をしている中で、落ち込みやすい人、うつになりやすい人に「特有の思考」があることに気づきました。
それこそが「悪いことばかり思い出す」という傾向です。

そのため

「あのときの失敗があるから行動できない…」
「今日もこれだけミスをしてしまった…」

そんなふうに、ネガティブなことばかり意識してしまっています。

これもあまりよくありません。

よってこんなとき「良かったこと」を日記として記録することを勧めたりします。

「今日はこんな楽しいことがあった」
「今日はこういうことができた」

もちろん「ない」と思うこともあるでしょう。
そんなときでも「ケガしなくて良かった」など強引でもいいので記録することです。

すると良いことをどんどん意識するようになっていき、気持ちも少しずつ前向きになっていくのです。
どうか覚えておいてくださいね。

◆ 今回のまとめ

○ 人間は、記録などで意識することで、気持ちや行動も変わっていく。
○ ヤセたいならただ体重や食事を記録していこう。
○ 前向きになりたいなら「良かったこと」を記録しよう。

◆ さいごに。

ちなみにジムでもう一つだけ気づいた法則があります。

それこそが「おじいちゃん、めちゃくちゃ体重測る」という点です。
常に体重測ってます。
ややもすると、一回体重を測り、体重計から降り、数十秒後にまた乗ったりしています。

いや、変わらないよ!?
そんなすぐに変わらないよ!?

そう思うわけですが、「ただ単に、測った体重を忘れているだけ」なのではないかと思いました。
いやそれ以前に、体重を測ったことすらも忘れているのではないかと。

色々と切ない方向に意識がよりつつも、ここまで読んでくださって、本当にありがとうございました。

(完)

官越いやし|ゆうメンタルクリニック心療内科・精神科

ゆうメンタルクリニックは、診察を『24時間・365日』受け付けております!
どんなお悩みも、お気軽にご相談ください。


診察を申し込む

こちらのお申し込みはご希望のお時間を確約するものではありません。
混雑具合によってはお時間ずれ込む可能性もありますので、余裕をもってお越し下さい。

監修・制作

このページは、ゆうメンタルクリニックの医師・スタッフが監修・制作しております。

特別監修・ゆうきゆう
精神科医、心理学者。
東京大学医学部医学科を卒業後、うつ病・統合失調症・てんかん・パニック障害・社交不安障害・不眠症など多くの疾患の治療を行い、2008年よりゆうメンタルクリニックを開院。
『マンガで分かる心療内科』の他、100冊以上の著作があります。

ゆうきゆうプロフィール

運営
取材依頼専用フォーム」よりご連絡ください。
連絡先専用フォーム」よりご連絡ください。