第二回:ケーキやドーナツだけじゃない、あの食べ物も糖質!

こんにちは、
本日は、ゆうメンタルクリニック糖質制限部 飯岡が担当いたします。😊

本日は、糖質制限をする上での食材について書いていきますね。

糖質制限と聞くと、甘いもの=ケーキやドーナツ、チョコレートやアイスなどを減らせばいいの?と思われるかもしれませんが、

「甘く感じるモノ」だけではありません。

たとえば米や小麦など「炭水化物」も、消化されると、最終的には「ブドウ糖」になります!

お米をずーっと噛んでると、じんわり甘く感じますよね。
それは、口中で少しだけ分解が進み、糖分に近づくからです。

炭水化物の正体は「ブドウ糖」こと糖質なのです。すなわち糖質制限というのは、「甘い物だけでなく、炭水化物も制限する」という話になってきます。

ちなみにご飯一杯は角砂糖14個分。ダイエットする方にとって悪の代名詞のように言われているコーラ500mlは16個。これを見ても、ご飯の糖質は多いですよね。
(角砂糖1個=4g)

米、パン、うどん、そば、ラーメンなど、ほとんどの穀物はNGとなります。たとえ玄米であっても、白米とほとんど変わらない量の糖質を含んでいるので、やはりNGとなります。

【果物】
果物は大半が避けた方がいいかもしれません。
ただ一つ、アボカドだけは、100gのうちの糖質が0.9gで大丈夫です。

一時、バナナダイエットが流行りましたが、バナナ100gに対し糖質は22.5gです。

【イモ類】
イモは基本的にNGです。ジャガイモ、サツマイモなど、糖質のカタマリです。ただ「コンニャク芋」こと「コンニャク」はOKです。
同じ流れで「しらたき」もOKです。ただ形状は似てるいますが「春雨」はでんぷんを含んでますのでNGです。

一食の糖質量の目安 ?

糖質制限と言う場合、一食の糖質量はどのくらいまでいいのでしょうか?

目安として、「10~20g」になるように心がけると良いです。

参考までに、現代人の一食の糖質量は、100g以上の人が大半です。米を茶碗一杯だけでも56gになります。さらにオカズに、デザートまで考えたら、簡単にそれくらいの量は超えますね。いずれにしても、基本一食、「10~20g」になるように気をつけてみましょう。


次回は・・・糖質制限レシピ おやつにお酒のつまみに〇〇〇!がおススメ。

お楽しみに(^^♪

現在、ゆうメンタルクリニックでは 体調管理も含め、ひとりひとりに合わせた具体的な食事指導( 糖質制限含む )を行っており、ご好評を頂いております。(以下フォームからご予約が可能です!)


「マンガで分かる肉体改造~糖質制限編」

官越いやし|ゆうメンタルクリニック心療内科・精神科

ゆうメンタルクリニックは、診察を『24時間・365日』受け付けております!
どんなお悩みも、お気軽にご相談ください。


診察を申し込む

こちらのお申し込みはご希望のお時間を確約するものではありません。
混雑具合によってはお時間ずれ込む可能性もありますので、余裕をもってお越し下さい。