どんなことも挫けず継続できるテクニック

どんな人も、日々を生きる上で大変なことに向き合うこともあるでしょう。
そして、途中で諦めたくなったり、辞めたくなったりなることも少なくないのではないでしょうか。

くじけそうなときに使える「思考」

自分もマンガを作っていますが、連載だけで12、3年ほぼ毎週原稿を作っています。
途中で「自分はなぜこれをやっているんだろう…」と思うことも、ときどきありました。
しかし、そんな中でも続けてきました。

その理由としてはまずやはり、色々な方が読んでくださっているのが励みになっていることがあります。

そしてもう一つ、内面的な意味として、
「どんな状態もチャンス・得に持って行くことができる」
という思考を普段から意識しています。

たとえばマンガを作っていて、「これ何になるんだろう」と感じ、疲れてしまったときは
「これを継続してやったらすごいことだ」
「継続する力の訓練になるのではないか」
「これを続けられたら自分はレベルアップできるのではないか」

というような形で、ポジティブな思考へ切り替えていくということです。

具体的にいえば、マンガを作る際には、当然勉強をしなければいけません。
この「常にネタを入れ続けなければいけない」という要素も、次のように切り替えてみます。

仕事がなければ、ここまで勉強をしなかった可能性がある
→「締め切りがあるからこそ、常に勉強を繰り返している。
仕事を続けることによって知識が得られるというメリットがあるのではないか
と考えられます。

締切が素晴らしい理由

人間はほっておくと何もしません。
何も義務がなければ、仕事や勉強をサボりたくなってしまうものです。
締切があるからこそ、常に達成に向けての行動を繰り返せるのです。

そして勉強できるということは、得なわけです。
自分も仕事としてのマンガ制作や締切がもしなければ、ここまで勢い良く、たくさん勉強をしてこられなかったかもしれません。

また他にも、勉強をするとなると、セミナー代などお金が必要である
→「自分はお金をいただく立場で勉強もできている
と考えることもできます。

すると「ある意味これは得なんだ。だから続けよう」と、少し気持ちを前向きにする原動力になります。

このように色んな理由づけを持つことによって、継続力が増したり行動するエネルギーが湧きやすくなったりします。
ぜひ覚えておいてくださいね。

というわけで、何か少しでも参考になることがあれば幸いです。
ここまで読んでくださって、本当にありがとうございました。

(完)

音声で聞きたい方はこちらから「どんなことも挫けず継続できるテクニック

オンラインカウンセリング【iカウンセラー】お近くにメンタルクリニックがなくても、自宅から安心してカウンセリング!深夜2時まで受けられる!あなたの「つらい」を経験豊富なカウンセラーがしっかりケア
官越いやし|ゆうメンタルクリニック心療内科・精神科

ゆうメンタルクリニックは、診察を『24時間・365日』受け付けております!
どんなお悩みも、お気軽にご相談ください。


診察を申し込む

こちらのお申し込みはご希望のお時間を確約するものではありません。
混雑具合によってはお時間ずれ込む可能性もありますので、余裕をもってお越し下さい。

監修・制作

このページは、ゆうメンタルクリニックの医師・スタッフが監修・制作しております。

特別監修・ゆうきゆう
精神科医、心理学者。
東京大学医学部医学科を卒業後、うつ病・統合失調症・てんかん・パニック障害・社交不安障害・不眠症など多くの疾患の治療を行い、2008年よりゆうメンタルクリニックを開院。
『マンガで分かる心療内科』の他、100冊以上の著作があります。

ゆうきゆうプロフィール

運営
取材依頼専用フォーム」よりご連絡ください。
連絡先専用フォーム」よりご連絡ください。