即効!毎日穏やかで前向きにいられる「道具」とは?

さて、皆さんはマインドフルネスをご存じでしょうか?

マインドフルネスというのは「『今ココ』にある自分の気持ちや状態を明確に意識する」ことにより、心を落ち着かせたり、気持ちをリセットする技術のことを言います。

この技術により、ネガティブな感情にとらわれたり、ぼーっとして何もしないまま時間が過ぎてしまう…といった状況を減らすことが可能となります。

具体的には、今の自分であれば、「今こうして、多くの人に向けて語りかけているな」ということを明確に認識しながら、執筆や発信を行っています。
今の皆さんであれば、「今自分はコラムを読んでいるな」とか、「ネットを見てこんな気持ちになっているな」といったようなことを明確に認識することを言います。

マインドフルネスは難しい?

このように「今を意識すること」は本当に重要ですが、どんな人も、意識をできていない時間の方が大半です。
おそらく多くの方が、1日の99%は今を意識することなく過ごしているでしょう。

マインドフルネスを推奨する本も、これまでいくつも読んできましたが
「1日10秒で良いから、マインドフルネスを行いなさい」
と言われています。

マインドフルネスの第一人者と言われるジョン・カバット・ジンも
1日1呼吸で良いから、マインドフルネスをしなさい」
と語っています。

すなわち、24時間365日ずっとマインドフルネスを行うことは、本当に難しいことです。
だからこそ1日1呼吸のように、とにかく小さくてもいいから、行うことに価値があるのです。

「今ココ」を絶対に思い出す方法!

ところが、人間は生きるために必須ではないことは、当然忘れてしまいます。
自分自身も「1日10秒以上」必ずやるように日課・習慣としていますが、それでも忘れてしまうこともあります。

そこでやり忘れを防止するために
「目印をつけておく」ことをオススメします。
見たら「マインドフルネスをやらないと」と思い出す手がかりをつけておくということです。

例えば、
・フセンを目につくところに貼っておく
・スマホを置いたら、マインドフルネスを思い出す合図にする

というように、自分自身にしか分からないような工夫をすることによって、普段からマインドフルネスを思い出せるようになります。

そして、このような合図にも慣れが生じてしまうもの。
たとえばマインドフルネスを思い出すためのフセンも、しばらくすると目が慣れて、ただの背景になってしまうこともあります。
こうなると、そもそも目の前のフセンに気づけなくなってしまいます。
このような場合は、フセンの位置や形を変えてみましょう。

ちょっとした工夫で、マインドフルネスの目印を見ては思い出すという訓練をしていくと、日常生活にマインドフルネスな時間を増やすことができます。

また、「今ここ」を意識するマインドフルネスに限らず
「僕はこういった人間になりたいんだ」
「私はこういったことをやりたいんだ」

といった気持ちを思い出すよう、決めておくのもオススメですよ。

というわけで、何か少しでも参考になることがあれば幸いです。
ここまで読んでくださって、本当にありがとうございました。

(完)

音声で聞きたい方はこちらから「即効!毎日穏やかで前向きにいられる「道具」とは?

【心理テスト】
この二人はなぜ走っている?

Aを選んだあなた

精神的にややストレスが強い状態のようです。
あなた自身も普段の生活で、何かから逃げたいと思っていたり、恐怖を感じていたりするかもしれません。

あまりに強いようであれば、メンタルクリニックの受診も考えてみましょう。

Bを選んだあなた

とても平和な答えを選んだあなた。
とても素敵な相手に恵まれているか、幸せな生活を送っていると考えられます。

ただ、好事魔多しとも言います。
平和が続きすぎると、突然にアクシデントが起こったときに対応しづらくなるリスクもあります。気をつけましょう。

Cを選んだあなた

あなたは今、何かの目的に向かって頑張っている人と考えられます。
日々努力や行動を惜しまず、常に「自分はもっとこう変わるんだ!」と考えているかもしれません。
非常にストレスには強いタイプだと考えられます。

ただ夢破れたときに、ポキンと心が折れてしまうリスクもあります。気をつけましょう。

Dを選んだあなた

あなたが男性なら、女性に嫌がられた記憶が強いかもしれません。
また女性なら、男性の強引な振る舞いで、ショックを抱いた可能性があるかもしれません。

もし今、相手とうまく行っていないのなら、一緒の時間を増やしたりしてみましょう。
もし過去のことで忘れられないショックが強ければ、メンタルクリニックの受診を考えてみるのも手です。

           当院で出来ること
再チェック

352

他のマンガはこちらです!
他のマンガはこちらです!
つらいお悩みはありませんか?当院で出来ることをご紹介します。
つらいお悩みはありませんか?
当院で出来ることをご紹介します。
グループセラピー
池袋院ではメンタルヘルスの講座を受けられます。
ゆうメンタルクリニック監修|オンラインカウンセリングiカウンセラー|公式サイトへ
オンラインで気軽にカウンセリングが出来ます。
官越いやし|ゆうメンタルクリニック心療内科・精神科

ゆうメンタルクリニックは、診察を『24時間・365日』受け付けております!
どんなお悩みも、お気軽にご相談ください。


診察を申し込む

こちらのお申し込みはご希望のお時間を確約するものではありません。
混雑具合によってはお時間ずれ込む可能性もありますので、余裕をもってお越し下さい。

オンラインカウンセリング【iカウンセラー】お近くにメンタルクリニックがなくても、自宅から安心してカウンセリング!深夜2時まで受けられる!あなたの「つらい」を経験豊富なカウンセラーがしっかりケア
監修・制作

このページは、ゆうメンタルクリニックの医師・スタッフが監修・制作しております。

特別監修・ゆうきゆう
精神科医、心理学者。
東京大学医学部医学科を卒業後、うつ病・統合失調症・てんかん・パニック障害・社交不安障害・不眠症など多くの疾患の治療を行い、2008年よりゆうメンタルクリニックを開院。
『マンガで分かる心療内科』の他、100冊以上の著作があります。

ゆうきゆうプロフィール

運営
取材依頼専用フォーム」よりご連絡ください。
連絡先専用フォーム」よりご連絡ください。