瞬時にあなたを打たれ強くする!たった一つの簡単な方法。

さて、皆さんは精神的にタフになりたいと思いますか?
精神的に強く、簡単に折れないような心を理想とされている方も、多いのではないでしょうか。

今回は、そのヒントとなるような実験をご紹介します。

体と心は比例する!

イギリスのヨーク セントジョンカレッジの心理学者、リー・クラストが行った調査に、次のようなものあります。
彼らは、被験者41人の大学生に指示し、「腕を伸ばした状態で重りを持ち、どれだけ我慢できるか」を調べました。

するとその結果、我慢できる時間が長い人ほど
「メンタル的にもタフで前向き」
「簡単なことで心が折れない」

ということが分かったのです。

確かに例えば、筋肉隆々のスポーツ選手が「僕、もうダメです…」と言うイメージはあまりないと思います。
逆にヤセている人・弱々しい見た目の人は、メンタル面でも弱い印象がありますね。
筋力と心は、意外と比例しているのです。

ガマンでドーパミンを出せ!

この「タフさ」には、実はドーパミンというホルモンが関係しています。

ドーパミンとは、ガマンするときに出るホルモンです。
これはツラさ・痛みをマヒさせる効果があり、それによってツラいことにも耐えられる力を与えてくれます。

そしてこのホルモンを普段から出せる方法の一つが、筋力トレーニングです。
負荷のかかるトレーニングを、少しきついと思いながらも、耐えて日々行う。

すると、心にストレスを受けたときも、同じようにドーパミンが出やすくなるのです。
こうして、ストレスへ対処する「タフさ」が育ちます。
逆に、普段からガマンをする機会がなく、ドーパミンが出ていない人は、いざストレスがあったときに負けてしまいやすいのです。

よって、ストレスに強くなりたいと思うのなら、日常的に筋力トレーニングを行うことをオススメします。

とはいっても、マッチョになる必要は全くなく、本当にちょっとした、シンプルなトレーニング内容でかまいません。

特に自分がオススメするのは、スクワットです。
もしくは、机にちょっと手を当てて、簡単な腕立てをやるのでもいいです。
このようなごく軽いトレーニングを「少しツラいな」と感じる域までやってみましょう。
「気持ちを強くするためにやっているんだ!」と考えて実行するのも良いでしょう。

ツラいと思ったら、そこでストップしてOKです。
そして少しずつで良いので、毎日トレーニングを繰り返し行っていきましょう。

この運動の積み重ねが、心をも強くしていきます。
ぜひ覚えておいてくださいね。

というわけで、何か少しでも参考になることがあれば幸いです。
ここまで読んでくださって、本当にありがとうございました。

(完)

音声で聞きたい方はこちらから「瞬時にあなたを打たれ強くする!たった一つの簡単な方法。

オンラインカウンセリング【iカウンセラー】お近くにメンタルクリニックがなくても、自宅から安心してカウンセリング!深夜2時まで受けられる!あなたの「つらい」を経験豊富なカウンセラーがしっかりケア
官越いやし|ゆうメンタルクリニック心療内科・精神科

ゆうメンタルクリニックは、診察を『24時間・365日』受け付けております!
どんなお悩みも、お気軽にご相談ください。


診察を申し込む

こちらのお申し込みはご希望のお時間を確約するものではありません。
混雑具合によってはお時間ずれ込む可能性もありますので、余裕をもってお越し下さい。

監修・制作

このページは、ゆうメンタルクリニックの医師・スタッフが監修・制作しております。

特別監修・ゆうきゆう
精神科医、心理学者。
東京大学医学部医学科を卒業後、うつ病・統合失調症・てんかん・パニック障害・社交不安障害・不眠症など多くの疾患の治療を行い、2008年よりゆうメンタルクリニックを開院。
『マンガで分かる心療内科』の他、100冊以上の著作があります。

ゆうきゆうプロフィール

運営
取材依頼専用フォーム」よりご連絡ください。
連絡先専用フォーム」よりご連絡ください。