犯罪はなぜ起こる!?「ジョーカーに憧れる心理」とは?

さて、今回は犯罪者の心理についてお話していきます。

2021年10月31日、京王線の車内で通り魔事件がありました。
その容疑者が逮捕された際に、こんな発言をしたのです。

それこそが、
ジョーカーになりたかった」
というもの。ジョーカーとはバットマンの悪役です。

これは「悪の心理」を象徴しているな、と自分は感じました。

容疑者の中では、社会全般から離れかけている自分を感じる中、ジョーカーという彼の「憧れのヒーロー的なものに近づきたい」という心理が働いたと考えられます。

この心理があると、人はたとえ問題的な行動であっても、実行できてしまうところがあります。

善悪とは何か?

例え悪であっても、ボスのような憧れがいて
「自分は、ボスとの一体感を得る手段として悪を使っている」と強く思い込むとします。
すると、もしかして悪は悪ではないかもしれません。

そもそも悪と言うのは、「自分達の集団に反対している敵」のことを言っているだけです。
100人いれば、100通りの正義・悪があるのです。

たとえば、桃太郎を思い出してみてください。
桃太郎(人間)側から見れば、彼は鬼を退治した「正義」だと言われます。
しかし鬼側からすれば「鬼のパパが殺された。桃太郎め、悪め」と言われるでしょう。

何が善で何が悪かというのは、難しい議論になってきます。
しかしどんな人にも「善」が本人の中にあり、それ以外のものが悪となります。

人は孤独に耐えられない。

ここで、『ジョジョの奇妙な冒険』という少年マンガがあります。

自分も悪役のボスのディオが大好きなのですが
マンガのシーンの中で「ディオは悪い奴じゃないか!」とに言われた際に、
「俺らみたいな悪には、悪のカリスマが必要なんだよ」と語られるシーンがあります。

人間にとって、何よりハードなのは孤独に生きること。

すなわち自分が悪であったとしても、完全に孤独で一人で生きていくということは、本当に難しいのです。
そして善悪を信じる上で、どんな人でも一人では生きてはいけません。
自分の憧れに一体化したい・一緒になりたいという心理は誰でもあります。
そしてこの一体化の行動原理で、人間は動くのです。

切り裂きジャックという有名な殺人鬼がいますが、これに憧れた模倣犯も、過去に多く出現しました。
このようにどんな悪やテロ行為であろうと、「集団意識」が人間を犯罪行為に走らせるのだと考えられます。

これらの犯罪をなくすには
「悪のカリスマ的なものに触れさせない」
「完全に孤立させる」

などによって、犯罪行為から離れさせることが、一つの更生手段として考えられます。

もちろん、実際に行うことは難しいでしょう。
しかし1つ確実なことは、「どんな人も孤独には耐えられない」ということ。

もし誰かの思考をネガティブに感じ、変えたいと思うなら、
まずは「あなたの味方だよ」という姿勢を示し、そして少しずつ、その人の心理を変えていくというのが効果的な方法と考えます。

というわけで、今回は犯罪について思うことをお話しました。

少しでも参考になることがあれば幸いです。
ここまで読んでくださって、本当にありがとうございました。

(完)

音声で聞きたい方はこちらから「京王線の犯罪はなぜ起こった!?ジョーカーに憧れる心理とは?

オンラインカウンセリング【iカウンセラー】お近くにメンタルクリニックがなくても、自宅から安心してカウンセリング!深夜2時まで受けられる!あなたの「つらい」を経験豊富なカウンセラーがしっかりケア
官越いやし|ゆうメンタルクリニック心療内科・精神科

ゆうメンタルクリニックは、診察を『24時間・365日』受け付けております!
どんなお悩みも、お気軽にご相談ください。


診察を申し込む

こちらのお申し込みはご希望のお時間を確約するものではありません。
混雑具合によってはお時間ずれ込む可能性もありますので、余裕をもってお越し下さい。

監修・制作

このページは、ゆうメンタルクリニックの医師・スタッフが監修・制作しております。

特別監修・ゆうきゆう
精神科医、心理学者。
東京大学医学部医学科を卒業後、うつ病・統合失調症・てんかん・パニック障害・社交不安障害・不眠症など多くの疾患の治療を行い、2008年よりゆうメンタルクリニックを開院。
『マンガで分かる心療内科』の他、100冊以上の著作があります。

ゆうきゆうプロフィール

運営
取材依頼専用フォーム」よりご連絡ください。
連絡先専用フォーム」よりご連絡ください。