腹筋運動より、ずっとお腹をペコンとヘコます運動!

さて、今回は体の状態を整えるお話をしていきます。

あなたは「お腹をへこませたい」と思いますか?
おそらく大体の方の答えがイエス!でしょう。
これは人間の肉体改造の中でも、重要なテーマの一つであると考えます。

お腹をへこませるポイントとなる部分は、もちろん腹筋です。
そして多くの方が「腹筋を鍛える」と聞くと、一般的にお腹を曲げる運動をするイメージがあるのではないでしょうか。
これは仰向きに寝転がって、体を起こす=腹筋を縮める、という運動です。

しかし実は、縮めるのではなく腹筋を「伸ばす」運動が、お腹をヘコますにはとても有効なのです。

自分も試してみた際、始めは半信半疑でした。
ところがやってみた結果、腹筋を鍛えるのにかなり有効だったのです。
やり方は本当にシンプルです。

腹筋をダイレクトに鍛える方法

1 立って足を肩幅に開く
2 足の真ん中からカカトに重心を置く
3 両腕を首の後ろで組む
4 手を組んだまま、首を後ろ上方向にひっぱるイメージで体をそらす
5 体をそらした状態で深呼吸を3回繰り返す

そして、より効果を高めるポイントは次の通りです。

・重心を後ろにして立つときは、力まずにゆったりした体勢を取る。
・首を後ろ上方向にひっぱりそらすとき、同時に腹筋も後ろ上に向かうイメージで伸ばす。
・体をそらすとき、同時に息を吐く。
・お腹が伸びていると感じたら、そのままの姿勢で、息を吸うときにお腹を膨らませる。
 そして息を吐くときに、へこませる。

「伸ばすだけでお腹がヘコむの?」と不思議に思う方も多いかもしれません。
しかし実は、伸ばす方向の運動を加えることによって、普段の生活で固くなっている腹筋が伸ばす方向に慣れ、柔らかくなっていきます。
この柔らかくする運動が、お腹をヘコますために非常に重要なのです。

そしてこのトレーニングは、ストレッチのようなもの。
やっている最中も他のトレーニングのような「ものすごく辛い!」ということもなく、簡単に行えます。

こちらをまずは、1日3セットくらい行ってみましょう。
もちろん3セットはキツい、という方は、1日1セットからでもかまいません。

続けていくことで、ポッコリお腹が改善していくのを感じていただけるはずです。

ぜひ一度、試していただければ幸いです。
ここまで読んでくださって、本当にありがとうございました。

(完)

音声で聞きたい方はこちらから「腹筋運動より、ずっとお腹をペコンとヘコます運動!

    うつをラクにする「プチうつ」マンガ

オンラインカウンセリング【iカウンセラー】お近くにメンタルクリニックがなくても、自宅から安心してカウンセリング!深夜2時まで受けられる!あなたの「つらい」を経験豊富なカウンセラーがしっかりケア
官越いやし|ゆうメンタルクリニック心療内科・精神科

ゆうメンタルクリニックは、診察を『24時間・365日』受け付けております!
どんなお悩みも、お気軽にご相談ください。


診察を申し込む

こちらのお申し込みはご希望のお時間を確約するものではありません。
混雑具合によってはお時間ずれ込む可能性もありますので、余裕をもってお越し下さい。

監修・制作

このページは、ゆうメンタルクリニックの医師・スタッフが監修・制作しております。

特別監修・ゆうきゆう
精神科医、心理学者。
東京大学医学部医学科を卒業後、うつ病・統合失調症・てんかん・パニック障害・社交不安障害・不眠症など多くの疾患の治療を行い、2008年よりゆうメンタルクリニックを開院。
『マンガで分かる心療内科』の他、100冊以上の著作があります。

ゆうきゆうプロフィール

運営
取材依頼専用フォーム」よりご連絡ください。
連絡先専用フォーム」よりご連絡ください。