ホテル条例から「異性」の文字を排除 ~「実情合わない」「多様性を重視」

2020年9月4日の読売新聞によると、兵庫県尼崎市はホテルの建設を規制する条例のホテルの定義を変更しました。

今までの「異性を同伴する客に利用させる」という記述の「異性」という部分を削除しました。

市は、LGBTのカップルを公的に認める「パートナーシップ宣誓制度」を導入しています。

「市全体で性の多様性を重視する方策を進めております。ですので、時代に合わない諸定義も変更することにしたのです」とのことです。

ネット上での意見

愛し合うのだって異性とは限らない。新しい時代の必然的な流れですね
さまざまな立場の人が平等に意見を言えるようになると、今までの「当然」も変わっていきます。

まとめ

さまざまな立場の人の意見が、今後ますます新たに表明されていくでしょう。
新時代を生き残るには、新たな解釈に柔軟な対応ができることが求められます。

【参考サイト】
https://medical-tribune.co.jp/news/2020/0904531613/

監修 ゆうメンタル・スキンクリニックグループ 医師
制作 ゆうメンタル・スキンクリニック・ニュースメディア事業部

官越いやし|ゆうメンタルクリニック心療内科・精神科

ゆうメンタルクリニックは、診察を『24時間・365日』受け付けております!
どんなお悩みも、お気軽にご相談ください。


診察を申し込む

こちらのお申し込みはご希望のお時間を確約するものではありません。
混雑具合によってはお時間ずれ込む可能性もありますので、余裕をもってお越し下さい。