マイホームヒーローが精神に来る理由【心療内科のマンガコラム】

(多少のネタバレを含みます。極力、マンガを読む楽しみを奪わないよう配慮しておりますが、ご了承の上お読みください)

c) ヤングマガジンコミックス ・山川直輝/ 朝基まさし 
以下同じ

◆ あらすじ

ある平凡な父親が、娘に暴力をふるう恋人から娘を守ろうとした結果、その男を殺してしまう。
しかもその男は、悪い組織の一員だった。
そのため組織の報復から娘や家族を守るため、必死に戦う、というマンガです。

◆ どう精神に来る?

あなたは「マイホームヒーロー」という漫画をご存じでしょうか?

マイホーム+ヒーローという言葉からも分かると思うんですが、
家庭内の普通の父親がヒーローだよ、という意味です。

あらすじにも書いたのですが、まず主人公は、妻と娘と暮らしています。
しかし娘に恋人ができました。
その恋人は、いわゆる「半グレ」こと「半分グレた(または半分グレーゾーンな)」、軽く暴力団のような悪い組織に所属する人間でした。

くわえてその恋人は、娘にたいして暴力をふるっているようでした。

その男と話し合おうとするも、男は激高して主人公につかみかかってきました。
自らを守ろうと立ち回った結果、何とその恋人は死んでしまいます。

さぁ大変。
犯罪になってしまうのは当然ですが、それ以上に、このままではその組織が報復をしてきます。
すると主人公だけでなく、娘や妻まで殺されてしまうでしょう。

そのため彼は、必死に「隠蔽工作」をします。

そもそも彼は推理小説などが好きで書くのが趣味で、さまざまな死体処理の方法にも精通しています。どうなんだろうこれ。

その結果、その死体も必死に処理をします。
詳しくはここには書けないのですが、あれこれ、僕たちも普通に人を殺してもイケるんじゃない?みたいな気持ちになれます。完全な錯覚です。危険です。

さらに妻もそこに協力してくれるので百人力。
ちなみに娘だけはそのことを知りません。

また半グレの人間たちは、主人公のことを疑い、誘拐・脅迫まで行ってきます。
果たして主人公はその追求から逃げられるのか、というサスペンスです。

これ、どこまで主人公の行動に共感できるか、というのが楽しめるかどうかのポイントだと思います。
「殺すなんて!」「さらに隠蔽するなんて!」と思う方には厳しいかもしれませんが、ただスリル的な意味では非常に楽しめるのではないでしょうか。

ちなみに半グレの人たちと戦う中で、さらに他のメンバーも殺してしまいます。「しまいます」じゃないだろ、と思いますが、それもふくめてガンガン隠蔽していきます。強い。

一言でまとめると、普通のサラリーマンが、殺人・隠蔽をし、さらに悪い組織と互角に戦い会う…という内容で、一般的なサラリーマンに
「あれ、本気で自分も殺人しても隠蔽できるのでは?」
「どんな組織も余裕でやっつけられるのでは?」
という幻想を与えてくれるマンガです。本気で実行しても責任は持てないのですけども。

何にせよ、サスペンスを求める人はぜひ。
ここまで読んでくださって、本当にありがとうございました。

(完)

マンガはこちらです!

官越いやし|ゆうメンタルクリニック心療内科・精神科

ゆうメンタルクリニックは、診察を『24時間・365日』受け付けております!
どんなお悩みも、お気軽にご相談ください。


診察を申し込む

こちらのお申し込みはご希望のお時間を確約するものではありません。
混雑具合によってはお時間ずれ込む可能性もありますので、余裕をもってお越し下さい。